My Oracle Support Banner

EAM92: 資産処分債務(ARO)の会計入力が生成されない (Doc ID 2068080.1)

Last updated on FEBRUARY 06, 2019

適用範囲:

PeopleSoft Enterprise FIN Asset Management - バージョン 9.2 から 9.2 [リリース 9]
この文書の内容はすべてのプラットフォームに適用されます。

現象

資産処分債務の決済

この問題は資産処分債務(ARO)の対象資産の処分に対する会計入力を作成した際に発生したものです。

1) 資産処分債務(ARO)の会計入力テンプレートには配布タイプARO Liability (AL)とARO Settlement (AS)が含まれます。
資産処分債務として設定した資産が処分された時、会計入力作成では通常の固定資産(FA)、減価償却累計(AD)、差損益(GA/GL)のみ生成します。資産処分債務の行はありません。

2) 会計入力作成(アプリケーションエンジン AM_AMAEDIST)が、フィールドCOST_TYPE_AROがVATの資産についてステートレコードAM_AMAEVAT_AETに定義されていないことにより
ステップAM_AMAEVAT.500030.Step10で異常終了します。

3) SQL Serverの環境における資産処分債務の処分 - 会計入力作成 (AM_AMAEDIST)がステップAM_AMAEDIST.700100C.Step20にてRC 8601 Incorrect syntaxにより異常終了します。

4) 消費税(VAT)適用ビジネスユニットにおける資産除去債務。資産除去債務(ARO)の資産が処分された時(資産ID AROxxxxxxxxx)、
固定資産(FA)と減価償却累計(AD)の会計入力行だけが作成されるため会計入力が貸借不一致となります。

この問題は以下の手順により再現できます。:

1) インストールオプションで「資産処分債務」を選択します。
2) ユーザ基本設定で「資産処分債務」を選択します。
3) 資産管理定義にて「ARO 使用」および「減損処理テストに ARC を含む」を選択します。
4) 資産プロファイル「PROF1 - ARO Profile」に「資産処分債務」が選択されていることを確認します。
5) コストタイプ「O」に「資産処分債務」が選択されていることを確認します。
6) カテゴリ「ARO」、コストタイプ「O」の会計入力テンプレートが存在することを確認します。
7) 取引コード「O」(ARO 決済)が存在していることを確認します。
8) ビジネスユニット ARO01、プロファイル「PROF1」で資産を追加します。
9) 減価償却計算を実行します。
10) 会計入力作成を実行します。
11) 会計期間締めを実行します。
12) 資産を処分します。
13) 減価償却計算を実行します。
14) 会計入力作成を実行します。
15) 会計入力を確認します。

変更点

 

原因

To view full details, sign in with your My Oracle Support account.

Don't have a My Oracle Support account? Click to get started!


My Oracle Support provides customers with access to over a million knowledge articles and a vibrant support community of peers and Oracle experts.