My Oracle Support Banner

EAR9.0+: 直接仕訳入金キャッシュコントロールに対する会計入力を作成した時最終消費税(VAT)行が作成されない (Doc ID 2076506.1)

Last updated on DECEMBER 27, 2017

適用範囲:

PeopleSoft Enterprise FIN Receivables - バージョン 9 から 9.2 [リリース 9]
この文書の内容はすべてのプラットフォームに適用されます。

現象


リリース : 9.0以降、直接仕訳入金

現在の動作
-----------------------
直接仕訳入金キャッシュコントロールに対する会計入力を作成した時最終消費税(VAT)行が作成されない。


期待される動作
-----------------------
正しい消費税(VAT)の会計入力行が生成されるべき。


再現手順
-----------------------
1.  消費税(VAT)金額を持つ直接仕訳入金用の顧客(例 USADD001)に対してアイテムを作成する。消費税ヘッダーレベルで消費税認識時点を入金/支払時に設定する。
2.  アイテムに対して会計入力を作成し一時的な消費税行が生成される。
3.  入力したアイテムグループを転記する。
4.  最初のアイテムについて期日を過去日付に変更し、2番目のアイテムについて入金方法をCHECKに変更する。
5.  最初のアイテムについて自動引落作成(AR_DIRDEBIT)を実行し直接仕訳入金を作成する。
6.  直接仕訳入金を承認し銀行へ振り込む。
7.  売掛金更新(Run ARUPDATE)を実行する。
8.  2番目のアイテムについて入金入力を作成し入金ワークシートを使い入金を消し込む。
9.  ワークシートにてバッチ標準を指定し売掛金更新(ARUPDATE)を実行する。
10. 最初のアイテムの直接仕訳入金キャッシュコントロールに対する会計入力を確認すると最終消費税(VAT)会計入力行が生成されない。

原因

To view full details, sign in with your My Oracle Support account.

Don't have a My Oracle Support account? Click to get started!


本書の内容
現象
原因
解決策
参照情報

My Oracle Support provides customers with access to over a million knowledge articles and a vibrant support community of peers and Oracle experts.