My Oracle Support Banner

GPJPN: 年末調整で前年以前死亡家族の障害者控除が計算されてしまう (Doc ID 2110295.1)

Last updated on MAY 11, 2018

適用範囲:

PeopleSoft Enterprise HCM Global Payroll Japan - バージョン 9.1 から 9.1 [リリース 9]
この文書の内容はすべてのプラットフォームに適用されます。

現象

問題の概要
=================
年末調整の処理を実行後、前年以前死亡家族の障害者控除が計算されてしまう。
また、同居特別障害者数にもカウントされている。

再現手順:
----------------------------
1. 扶養家族の情報の設定を確認する。(該当する扶養家族に死亡日が設定され、扶養家族、障害者の設定がされていることを確認する。)
2. カレンダー情報の設定を確認する。(年末調整処理用のカレンダーグループが登録されていることを確認する。)
3. 年末調整の処理を実行する。

ビジネスインパクト:
----------------------------
この問題により、ユーザは年末調整処理を正しく行うことができない。

期待される結果:
----------------------------
本人の基礎控除部分のみ計算され、人数にもカウントされない。

現在の結果:
----------------------------
前年以前に既に死亡している扶養家族の人的控除が計上され、人数にもカウントされている。

原因

To view full details, sign in with your My Oracle Support account.

Don't have a My Oracle Support account? Click to get started!


本書の内容
現象
原因
解決策
参照情報

My Oracle Support provides customers with access to over a million knowledge articles and a vibrant support community of peers and Oracle experts.