My Oracle Support Banner

EAP: 支払サイクルAP_APY2015のステップ AP_PYMNTID.IDMAIN.Step41 SQLでパフォーマンス問題 (Doc ID 2158001.1)

Last updated on FEBRUARY 03, 2019

適用範囲:

PeopleSoft Enterprise FIN Payables - バージョン 9.2 から 9.2 [リリース 9]
この文書の内容はすべてのプラットフォームに適用されます。

現象

フォームID EFT2(サンプル通知付きFBファイル)が支払方法 EFTに割り当てられ、全ての支払伝票に「個別支払」のオプションが選択されている。
支払サイクルで大量の支払データを処理した時、ステップAP_PYMNTID IDMAIN Step41の Do Selectのループ処理でパフォーマンス問題が発生する。

ループ処理は1つの支払に対して1回処理され、それぞれの支払に対して以下のSQLが実行される。:

-- 18:45:27.007 .......(AP_PYMNTID.IDMAIN.Step41) (SQL)
UPDATE PS_PAY_ADV2_TMP SET PYMNT_OVERFLOW_ID = 'ADVICE' WHERE 'ACH00' =
PAY_CYCLE AND 2 = PAY_CYCLE_SEQ_NUM AND 'SHARE' = REMIT_SETID AND
'USA0000002' = REMIT_VENDOR AND 'SHARE' = BANK_SETID AND 'USBNK' = BANK_CD
AND 'CHCK' = BANK_ACCT_KEY AND 'ACH' = PYMNT_METHOD AND PYMNT_OVERFLOW_ID <>
'ADVICE' AND ' ' = PYMNT_ID_REF AND 'X' = 'X'
/
-- Row(s) affected: 0

Do SelectがSelectの一覧に含んでいないため、PYMNT_ID_REFのバインド変数が常に空白になり、そのため行が更新されない。

再現手順

1. フォームID EFT2(サンプル通知付きFBファイル)を支払方法 EFTに設定する。
2. 個別支払を選択して支払伝票を作成する。
3. 支払サイクルを実行する。

原因

To view full details, sign in with your My Oracle Support account.

Don't have a My Oracle Support account? Click to get started!


本書の内容
現象
原因
解決策
参照情報

My Oracle Support provides customers with access to over a million knowledge articles and a vibrant support community of peers and Oracle experts.