My Oracle Support Banner

EAR9.2: 転記取消グループにオーディットログを使用した場合 AR_POST1 プロセスが一意制約エラーになる (Doc ID 2212522.1)

Last updated on NOVEMBER 30, 2017

適用範囲:

PeopleSoft Enterprise FIN Receivables - バージョン 9.2 以降
この文書の内容はすべてのプラットフォームに適用されます。

現象

環境:
---------------------
FMS 9.2 本番環境

問題の概要:
------------------------------------
売掛金更新がステップ AR_POSTING.ALOG_UNP.TAO_INSPでエラーになる

期待される結果:
--------------------------
売掛金更新がステップ AR_POSTING.ALOG_UNP.TAO_INSPでエラーにならない

再現手順:
---------------------------------
1. 以下の画面にてARアイテムの転記取消に対してオーディットログ使用を設定する。
ファイナンシャルズ/サプライチェーン設定 > 共通定義 > オーディットログ > アプリケーション名 売掛金管理を選択
2. 未転記アイテムを作成する。(例: 支払方法に自動引落しを選択しアイテム JAN7_I1、金額$100で入力する)アイテムを転記するために売掛金更新を実行する。
3. アイテムに対する入金を行うために自動引落し作成を実行する。
4. アイテムをクローズするために売掛金更新を実行する。
5. 2つの未転記アイテムでオンラインの未転記グループを作成する。- 1つはアイテム JAN7_I1 を入力タイプ CR、金額 -$200、もう1つはアイテム JAN7_I1、入力タイプ IN、金額$200とする。
6. グループを転記するために売掛金更新を実行する。
7. グループを転記取消するために売掛金更新を実行する。

ビジネスインパクト:
--------------------------
誤った金額を訂正することができない。

原因

To view full details, sign in with your My Oracle Support account.

Don't have a My Oracle Support account? Click to get started!


本書の内容
現象
原因
解決策
参照情報

My Oracle Support provides customers with access to over a million knowledge articles and a vibrant support community of peers and Oracle experts.