My Oracle Support Banner

EAP: 基本言語以外を使用した時支払伝票が誤った取引先IDで保存される (Doc ID 2239770.1)

Last updated on NOVEMBER 22, 2019

適用範囲:

PeopleSoft Enterprise FIN Payables - バージョン 9.1 から 9.2 [リリース 9]
この文書の内容はすべてのプラットフォームに適用されます。

現象

基本言語以外を使用した時支払伝票が誤った取引先ID(サプライヤID)で保存される。

再現手順:
---------
1) スペイン語(基本言語 = 英語)でPeopleSoftの環境へログインする。
2) 支払伝票を開く。
3) 請求書情報ページを開く。
4) 取引先略称(サプライヤ略称)を変更する。

期待される結果:
--------------------
取引先ID(サプライヤID)の値が変更される。

現在の結果:
-----------------
取引先ID(サプライヤID)の値が変更されない。

変更点

 

原因

To view full details, sign in with your My Oracle Support account.

Don't have a My Oracle Support account? Click to get started!


本書の内容
現象
変更点
原因
解決策
参照情報

My Oracle Support provides customers with access to over a million knowledge articles and a vibrant support community of peers and Oracle experts.