My Oracle Support Banner

EAP: 消費税(VAT)が修正不可能な時に支払転記により端数調整勘定の会計入力が作成されてしまう (Doc ID 2240673.1)

Last updated on OCTOBER 01, 2018

適用範囲:

PeopleSoft Enterprise FIN Payables - バージョン 9.1 から 9.2 [リリース 9]
この文書の内容はすべてのプラットフォームに適用されます。

現象

消費税(VAT)が修正不可能な時に支払転記により端数調整勘定の会計入力が作成されてしまう。

 

再現手順:
---------
1) 以下のように支払伝票を作成する。:
ビジネスユニットの基本通貨: CZK、取引通貨: EUR
請求行金額: 1883.50
入力する消費税(VAT)の金額: 395.54
合計: 2279.04

2) 支払伝票を転記する。

3) 支払伝票に対して支払を行う。

4) 支払を転記する。

 

期待される結果:
--------------------
支払を転記した時端数調整勘定の会計入力が生成されない。

 

現在の結果:
-----------------
支払を転記した時端数調整勘定の会計入力が生成される。

 

原因

To view full details, sign in with your My Oracle Support account.

Don't have a My Oracle Support account? Click to get started!


本書の内容
現象
原因
解決策
参照情報

My Oracle Support provides customers with access to over a million knowledge articles and a vibrant support community of peers and Oracle experts.