My Oracle Support Banner

EGL9.2: GLワークセンターのJournals Ready for Processingより仕訳の転記を行うことができない (Doc ID 2249570.1)

Last updated on NOVEMBER 18, 2019

適用範囲:

PeopleSoft Enterprise FIN General Ledger - バージョン 9.2 から 9.2 [リリース 9]
この文書の内容はすべてのプラットフォームに適用されます。
***Checked for currency 6-MAR-2017***

現象

リリース: バージョン 9.2/仕訳転記

現在の動作
---------------
GLワークセンターからの仕訳が動作しない。Journals Ready For Processingより処理を行っても仕訳は有効のステータスのままになる。

期待される動作
-----------------------
GLワークセンターから仕訳転記のアクションを実行後、仕訳は転記されるべき。("P"のステータスになる)

再現手順
-----------------------
この問題は以下の手順で再現可能です。:
1) 一般会計 > GLワークセンター > 仕訳を選択し、最初のオプションメニューである“Journals Ready for Processing”をクリックする。仕訳IDを検索し転記する仕訳にチェックする。:
2) ドロップダウンリスト「アクション」から「仕訳の転記」を選択し「実行」ボタンをクリックする。:
3) 仕訳転記の後アクションが正常に終了したメッセージが表示される。:
4) プロセスモニターにて仕訳転記のアクションが完了していることを確認する。:
5) それぞれの仕訳のステータスを確認する。ステータスが"V" (有効)になっている。

変更点

 

原因

To view full details, sign in with your My Oracle Support account.

Don't have a My Oracle Support account? Click to get started!


本書の内容
現象
変更点
原因
解決策
参照情報

My Oracle Support provides customers with access to over a million knowledge articles and a vibrant support community of peers and Oracle experts.