My Oracle Support Banner

EGL: 仮締め処理または年度末締め処理を実行するとメッセージログに「このルールでは、処理できるデータはありません。 xxxxx。」が表示される (Doc ID 2253831.1)

Last updated on NOVEMBER 18, 2019

適用範囲:

PeopleSoft Enterprise FIN General Ledger - バージョン 9 から 9.2 [リリース 9]
この文書の内容はすべてのプラットフォームに適用されます。

現象

問題:
------
一般会計の仮締め処理は正しく行われるがレコードが処理されず仕訳も生成されない。

再現手順:
-------------------
1. 仮締めの締め処理ルールを設定する。
2. 一般会計締め処理のためのデータを作成するために仕訳を入力する。締め処理ルールに定義されたチャートフィールド設定で使用されている勘定科目を含めるようにする。
3. 締め処理グループを作成し前のステップで作成した年度締めルールを含める。
4. 締め処理の実行をリクエストする。(仮締めの場合はGLPCLOSEだけを使用する。年度締めの場合はリリース9.2ではGL_YCを使用可能。)

現在の動作
------------------
プロセスは成功し、メッセージログに「このルールでは、処理できるデータはありません。 INTERIM。」が表示される。

期待される動作
--------------------
プロセスは締め処理の範囲にあるデータを抽出し処理が行われるべき。

原因

To view full details, sign in with your My Oracle Support account.

Don't have a My Oracle Support account? Click to get started!


本書の内容
現象
原因
解決策
参照情報

My Oracle Support provides customers with access to over a million knowledge articles and a vibrant support community of peers and Oracle experts.