My Oracle Support Banner

EGL9.2 : 仕訳入力ページにおいてプロジェクトIDに対する行レベルセキュリティが動作しない (Doc ID 2273998.1)

Last updated on NOVEMBER 18, 2019

適用範囲:

PeopleSoft Enterprise FIN General Ledger - バージョン 9.2 から 9.2 [リリース 9]
この文書の内容はすべてのプラットフォームに適用されます。

現象

問題:
-------
仕訳入力ページにおいてプロジェクトIDに対する行レベルセキュリティが動作しない。

再現手順:
---------------------
1. セキュリティオプションを「ユーザIDレベルセキュリティ」に設定する。ビジネスユニット、セットID、プロジェクトIDフィールドに対してチェックボックスを選択する。
2. ユーザID別ビジネスユニット、ユーザID別テーブルセット、ユーザIDに対するプロジェクトIDセキュリティを設定する。
3. 変更を適用するためにセキュリティビルドを実行する。
4. 仕訳入力ページにおいて、プロンプトからプロジェクトIDを選択する。セキュリティ設定された通りマッピングされたプロジェクトコスト管理ビジネスユニットのみ有効となる。
5. 関連するプロジェクトIDをプロンプトから選択する。プロジェクトコスト管理ビジネスユニットの全てのマッピングされたプロジェクトIDがプロンプトで有効となる。
(プロジェクトレベルのセキュリティが動作しない。)
6. 仕訳を保存する。

詳細については、再現手順書を参照してください。

現在の動作:
------------------
プロジェクトセキュリティで許可されていないプロジェクトIDが使用されているため仕訳をアップロードすることができない。
これらのエラーはオンラインの仕訳入力では発生しない。これは誤った動作である。

期待される動作:
--------------------
プロジェクトセキュリティはスプレッドシート仕訳アップロードのようにオンラインの仕訳入力においても動作すべき。

原因

To view full details, sign in with your My Oracle Support account.

Don't have a My Oracle Support account? Click to get started!


本書の内容
現象
原因
解決策
参照情報

My Oracle Support provides customers with access to over a million knowledge articles and a vibrant support community of peers and Oracle experts.