My Oracle Support Banner

EAR 9.2: パフォーマンスパッチ24311353(FSCM 9.2 Image #21)を適用後売掛金更新がステップAR_PGG_SERV.CHK_RND.CHK_DSTでテーブルPS_PG_PENDST_TAO4における一意制約のため異常終了する (Doc ID 2306452.1)

Last updated on DECEMBER 03, 2019

適用範囲:

PeopleSoft Enterprise FIN Receivables - バージョン 9.2 から 9.2 [リリース 9]
この文書の内容はすべてのプラットフォームに適用されます。

現象

問題:

売掛金更新が以下の条件を満たす時異常終了する。:

  a.- <Bug 24311353>からのパッチ(PeopleSoft Enterprise FSCM 9.2 Image #21以降で提供)を影響のある環境へ適用する。
  b.- 売掛金管理のインストールオプションにて、「複数未転記アイテムの選択不可」のチェックを外す。
  c.- 少なくても1つの同じアイテムIDを参照する複数のメンテナンスワークシートにバッチ標準のアクションを設定する。

 

再現手順:

  1.- 売掛金管理のインストールオプションにて、「複数未転記アイテムの選択不可」のチェックを外す。
  2.- ビジネスユニット:US001、顧客ID:1001、金額:200USDの借方アイテムを作成する。
  3.- ビジネスユニット:US001、顧客ID:1001、金額:-100USDの貸方アイテムを2件作成する。
  4.- 未転記アイテムに対してのみ売掛金更新を実行する。
  5.- メンテナンスワークシートを作成し、借方アイテムを貸方アイテム-100に対して貸借一致させる。(これにより、借方アイテムの残り100USDについて2番目の連番でアイテムが作成される。)
  6.- 新規のメンテナンスワークシートにバッチ標準のアクションを設定する。
  7.- 2つ目のメンテナンスワークシートを作成し、借方アイテムの残り100USDをもう一つの貸方アイテムと貸借一致させる。
  8.- 2つ目のメンテナンスワークシートにもバッチ標準のアクションを設定する。
  9.- メンテナンスワークシートだけに売掛金更新を実行する。
  10.- 売掛金更新がエラーにより異常終了する。

このシナリオと関連する問題についての詳細については、
問題を再現させるために必要な設定情報と再現手順を含んだ再現手順書を参照してください。

エラーメッセージ:

     " -- 18:45:44.311 ........(AR_PGG_SERV.CHK_RND.CHK_DST) (SQL)
       INSERT INTO PS_PG_PENDST_TAO4 (PROCESS_INSTANCE, GROUP_BU, GROUP_ID, BUSINESS_UNIT, CUST_ID, ITEM, ITEM_LINE, GROUP_SEQ_NUM, DST_SEQ_NUM, LEDGER_GROUP, LEDGER, PRIMARY_LEDGER, BUSINESS_UNIT_GL, BUSINESS_UNIT_TO,
ACCOUNT, ALTACCT, DEPTID, OPERATING_UNIT, PRODUCT, FUND_CODE, CLASS_FLD, PROGRAM_CODE, BUDGET_REF, AFFILIATE, AFFILIATE_INTRA1, AFFILIATE_INTRA2, CHARTFIELD1, CHARTFIELD2, CHARTFIELD3, BUSINESS_UNIT_PC, PROJECT_ID, ACTIVITY_ID, RESOURCE_TYPE, RESOURCE_CATEGORY, RESOURCE_SUB_CAT, ANALYSIS_TYPE, BUDGET_DT, STATISTICS_CODE, MONETARY_AMOUNT, STATISTIC_AMOUNT, CF_EDIT_STATUS, JRNL_LN_REF, LINE_DESCR, SYSTEM_DEFINED, ACCOUNTING_DT, FOREIGN_CURRENCY, FOREIGN_AMOUNT, RT_TYPE, RATE_MULT, RATE_DIV, CURRENCY_CD, GL_DISTRIB_STATUS, DOC_TYPE, DOC_SEQ_NBR, DOC_SEQ_DATE, DOC_SEQ_STATUS, MOVEMENT_FLAG, USER1, USER2, USER3, USER4, USER5, DST_GL, ALLOW_DST, VAT_APPLICABILITY, VAT_TXN_TYPE_CD, TAX_CD_VAT, VAT_DST_ACCT_TYPE, ENTRY_EVENT, IU_ANCHOR_FLG, IU_SYS_TRAN_CD, IU_TRAN_CD, OPEN_ITEM_KEY, SEQ_NUM4) SELECT 108113, GROUP_BU, GROUP_ID, BUSINESS_UNIT, CUST_ID, ITEM, ITEM_LINE, GROUP_SEQ_NUM, DST_SEQ_NUM, LEDGER_GROUP, LEDGER, PRIMARY_LEDGER, BUSINESS_UNIT_GL, ' ', ACCOUNT, ALTACCT, DEPTID, OPERATING_UNIT, PRODUCT, FUND_CODE, CLASS_FLD, PROGRAM_CODE, BUDGET_REF, AFFILIATE, AFFILIATE_INTRA1, AFFILIATE_INTRA2, CHARTFIELD1, CHARTFIELD2, CHARTFIELD3, BUSINESS_UNIT_PC, PROJECT_ID, ACTIVITY_ID, RESOURCE_TYPE, RESOURCE_CATEGORY, RESOURCE_SUB_CAT, ANALYSIS_TYPE, BUDGET_DT, STATISTICS_CODE, MONETARY_AMOUNT, STATISTIC_AMOUNT, CF_EDIT_STATUS, JRNL_LN_REF, LINE_DESCR, SYSTEM_DEFINED, ACCOUNTING_DT, FOREIGN_CURRENCY, FOREIGN_AMOUNT, RT_TYPE, RATE_MULT, RATE_DIV, CURRENCY_CD, GL_DISTRIB_STATUS, DOC_TYPE, DOC_SEQ_NBR, DOC_SEQ_DATE, DOC_SEQ_STATUS, MOVEMENT_FLAG, USER1, USER2, USER3, USER4, USER5, ' ', ' ', VAT_APPLICABILITY, VAT_TXN_TYPE_CD, TAX_CD_VAT, VAT_DST_ACCT_TYPE, ENTRY_EVENT, IU_ANCHOR_FLG, IU_SYS_TRAN_CD, IU_TRAN_CD, OPEN_ITEM_KEY, 0 FROM PS_PENDING_DST I WHERE I.GROUP_BU = 'US001' AND I.BUSINESS_UNIT = 'US001' AND I.GROUP_ID != '356' AND I.CUST_ID = '1001' AND I.ITEM = 'DEBIT0002' AND I.ITEM_LINE = 0 AND I.LEDGER = 'LOCAL' AND I.LEDGER_GROUP = 'RECORDING' AND
I.SYSTEM_DEFINED = 'A'
       /
       -- Row(s) affected: 0
       -- 18:45:44.416 プロセス 108113 がステップ AR_PGG_SERV.CHK_RND.CHK_DST (Action SQL) で異常終了しました。-- RC = 805
       ROLLBACK
      /
       -- 18:45:44.435 SQL エラー: ORA-00001: 一意制約 (EMDBO.PS_PG_PENDST_TAO4) に違反しています。"

現在の結果:

売掛金更新がエラーにより異常終了し、処理対象となるトランザクションが損壊し、影響のあるメンテナンスワークシートの処理や会計入力の転記ができなくなっている。

期待される動作:

売掛金更新が同じアイテムIDを含む複数のメンテナンスワークシートを処理することができ、必要な会計入力を正しく転記する。

変更点

 

原因

To view full details, sign in with your My Oracle Support account.

Don't have a My Oracle Support account? Click to get started!


本書の内容
現象
変更点
原因
解決策
参照情報

My Oracle Support provides customers with access to over a million knowledge articles and a vibrant support community of peers and Oracle experts.