My Oracle Support Banner

EGL9.2: 仕訳生成処理を実行後いくつかの行について仕訳情報が更新されずGL_DISTRIB_STATUSが'J'のままとなる (Doc ID 2315779.1)

Last updated on OCTOBER 09, 2017

適用範囲:

PeopleSoft Enterprise FIN General Ledger - バージョン 9.2 から 9.2 [リリース 9]
この文書の内容はすべてのプラットフォームに適用されます。

現象

問題:
------------
仕訳生成処理が仕訳情報を更新せず会計入力テーブルのいくつかの行についてGL_DISTRIB_STATUSに'D'が設定されない。

再現手順:
------------
この問題は以下の手順で再現可能です。:

1. ビジネスユニットと元帳の組み合わせを持つデータを会計入力テーブルに持たせるためにサブシステムにてトランザクションを作成する。
2. サブシステムの会計入力定義にてクロスプロダクトドリルダウンにチェックが入っているか確認する。
3. サブシステムに対して仕訳生成処理を実行する。
4. 仕訳生成処理が完了したら、仕訳情報を確認し会計入力テーブルのGL_DISTRIB_STATUSを確認する。

原因

To view full details, sign in with your My Oracle Support account.

Don't have a My Oracle Support account? Click to get started!


本書の内容
現象
原因
解決策
参照情報

My Oracle Support provides customers with access to over a million knowledge articles and a vibrant support community of peers and Oracle experts.