My Oracle Support Banner

EGL: 配賦の仕訳IDの番号が採番されず異なる仕訳日付で同じ仕訳IDで開始されてしまう (Doc ID 2346656.1)

Last updated on JANUARY 09, 2018

適用範囲:

PeopleSoft Enterprise FIN General Ledger - バージョン 8.4 SP1 から 9.2 [リリース 8.4 から 9]
この文書の内容はすべてのプラットフォームに適用されます。

現象

配賦の仕訳IDの番号が採番されず、次の会計期間に異なる仕訳日付で同じ仕訳IDで開始されてしまう。

現在、それぞれの会計期間について以下のように仕訳IDが採番されている。:

2015年12月 - ALO0001, ALOC0002, ALOC0003

2016年1月 - ALO0001, ALOC0002

2016年2月 - ALO0001

仕訳IDを以下のように会計期間を跨って採番させるようにしたい。:

2015年12月 - ALO0001, ALOC0002, ALOC0003

2016年1月 - ALO0004, ALOC0005

2016年2月 - ALO0006

原因

To view full details, sign in with your My Oracle Support account.

Don't have a My Oracle Support account? Click to get started!


本書の内容
現象
原因
解決策
参照情報

My Oracle Support provides customers with access to over a million knowledge articles and a vibrant support community of peers and Oracle experts.