My Oracle Support Banner

GPJPN: 同一生計配偶者に対して控除対象を選択せずに障害区分を指定した場合にエラーになる (Doc ID 2348114.1)

Last updated on MAY 11, 2018

適用範囲:

PeopleSoft Enterprise HCM Global Payroll Japan - バージョン 9.2 以降
この文書の内容はすべてのプラットフォームに適用されます。

現象

問題:
-------------------------------
国税庁の資料によると、源泉控除対象配偶者に該当しなくても同一生計配偶者に該当する場合は障害者控除の対象になり得るため
(給与所得者の合計所得金額が900万円超で配偶者の合計所得金額が38万円以下)
所得税扶養家族データ管理JPNページで、源泉控除対象配偶者に該当しないため控除対象(扶養対象)を選択せず、
同一生計配偶者で障害者なので障害区分を選択して保存したところ、下記エラーメッセージが表示された。

エラー:
-------------------------------
扶養家族が扶養対象外の場合、扶養家族障害区分は"障害なし"にする必要があります。(17270,238)
扶養家族障害区分を訂正してください。

再現手順:
-------------------------------
1. 所得税扶養家族データ管理JPNページで、源泉控除対象配偶者に該当しないため控除対象(扶養対象)を選択せず、障害区分を選択し保存する。

現在の動作:
-------------------------------
所得税扶養家族データ管理JPNページで、源泉控除対象配偶者に該当しないため控除対象(扶養対象)を選択せず、
障害区分を選択し保存すると上記エラーとなる。

期待される動作:
-------------------------------
所得税扶養家族データ管理JPNページで、源泉控除対象配偶者に該当しないため控除対象(扶養対象)を選択せず、
障害区分を選択し保存してもエラーとならない。

原因

To view full details, sign in with your My Oracle Support account.

Don't have a My Oracle Support account? Click to get started!


本書の内容
現象
原因
解決策
参照情報

My Oracle Support provides customers with access to over a million knowledge articles and a vibrant support community of peers and Oracle experts.