My Oracle Support Banner

EAP: 「削除された行オブジェクトへの参照が変数に含まれています。(2,261)」のエラーにより修正後の再検討支払伝票を保存することができない (Doc ID 2358137.1)

Last updated on OCTOBER 01, 2018

適用範囲:

PeopleSoft Enterprise FIN Payables - バージョン 9.2 から 9.2 [リリース 9]
この文書の内容はすべてのプラットフォームに適用されます。

現象

修正後再検討支払伝票を保存使用とした時、下記のエラーが表示される。:

削除された行オブジェクトへの参照が変数に含まれています。(2,261) VOUCHER.ENTRY_STATUS.SavePostChange PCPC:4458 Statement:48

PeopleCode 変数に、存在しない行 (レコード、フィールド) を参照しているオブジェクトが含まれています。
これはアプリケーション エラーです。参照が変数に格納された後、その行が保存時にクリアまたは削除された場合に発生します。

再現手順
-------------------
1. 再検討のステータスになるクイック請求書(または、支払伝票Excelアップロード)を作成する。
2. 支払伝票作成を実行する。
3. 支払伝票においてエラーの原因を修正する。
4. 保存をクリックする。

原因

To view full details, sign in with your My Oracle Support account.

Don't have a My Oracle Support account? Click to get started!


My Oracle Support provides customers with access to over a million knowledge articles and a vibrant support community of peers and Oracle experts.