My Oracle Support Banner

EAR: 会計入力行を60000行持つアイテムについてアイテム会計入力ページ(ITEM_DATA3)にてパフォーマンス劣化が発生する (Doc ID 2389678.1)

Last updated on JUNE 22, 2018

適用範囲:

PeopleSoft Enterprise FIN Receivables - バージョン 9.2 から 9.2 [リリース 9]
この文書の内容はすべてのプラットフォームに適用されます。

現象

問題:

オープンのトランザクションが60000行の会計入力を持つ場合、アイテム会計入力ページ(ITEM_DATA3)にてパフォーマンスの劣化が発生する。
アイテムが顧客勘定に正しく転記されると、アイテム詳細の表示/更新ページ(ITEM_MAINTAIN)を開くことができ、
アイテム会計入力タブが終わりなく回転し、最終的にはタイムアウトが発生する。

再現手順:

1.- 売掛金管理のユーザIDでFSCMのオンライン・アプリケーションにログインする。
2.- 請求管理で会計入力に50000行以上を持つ新規の請求書を作成する。
3.- 請求書を確定させインターフェイスをして売掛金管理モジュールへインターフェイスする。
4.- 売掛金管理 > 売掛金更新 > 売掛金更新のリクエストを行う。
5.- 新規のアイテムを転記するために売掛金更新を実行する。
6.- 売掛金管理 > 顧客勘定 > アイテム情報 > アイテム詳細の表示/更新 を選択する。
7.- 問題となっているアイテムIDを開き、アイテム会計入力タブ(ページ ITEM_DATA3)を開く。
8.- パフォーマンス劣化の問題が発生し、処理がタイムアウトになる。

現在の結果:

大量の会計入力行を持つアイテムについて、トランザクションデータがオンラインで参照できず、ページITEM_DATA3が最終的にタイムアウトになる。

期待される動作:

アイテム会計入力ページ(ITEM_DATA3)は大量の会計入力行を扱うことができる。

変更点

 

原因

To view full details, sign in with your My Oracle Support account.

Don't have a My Oracle Support account? Click to get started!


本書の内容
現象
変更点
原因
解決策
参照情報

My Oracle Support provides customers with access to over a million knowledge articles and a vibrant support community of peers and Oracle experts.