My Oracle Support Banner

EGL9.2: スプレッドシート仕訳インポート (JRNL1) - 複数のチャートフィールドに無効な値が存在する場合エラーメッセージに無効な勘定科目の値が表示されない (Doc ID 2434884.1)

Last updated on AUGUST 13, 2018

適用範囲:

PeopleSoft Enterprise FIN General Ledger - バージョン 9.2 から 9.2 [リリース 9]
この文書の内容はすべてのプラットフォームに適用されます。

現象

問題:
-------
複数のチャートフィールドに無効な値が存在する場合、バッチモードで仕訳をインポートするとエラーメッセージに無効な勘定科目の値が表示されない。
勘定科目のみが無効な値でその他のチャートフィールドに無効な値が無い場合は無効な特定の勘定科目の値が表示される。

再現手順:
---------------------
1. JRNL1.xlsmテンプレートを開き新規のシートを作成する。
2. 仕訳ヘッダーと行にデータを入力する。行のうち少なくても1行において無効な勘定科目の値を入力する。
3. ホームボタンをクリックし、ファイルへ書き込みボタンをクリックする、。OKをクリックする。
4. PIAにて、一般会計 > 仕訳 > 仕訳インポート > スプレッドシート仕訳インターフェイスを選択する。
5. ランコントロールIDを作成し手順3で作成したファイルをアップロードする。
6. 実行ボタンをクリックし「GL_EXCL_JRNL」を選択する。
7. プロセスが完了したらインポートログを確認する。
8. 別のシートを作成し仕訳ヘッダーを入力する。
9. 少なくても1行に無効な勘定科目と部門の値を持つ行を入力する。
10. 手順3から手順7を繰り返す。

詳細は再現手順書を参照してください。

現在の動作:
------------------
手順7において、インポートログに無効な勘定科目の値が表示される。
手順10において、インポートログに無効な部門の値が表示されるが、無効な勘定科目の値が表示されない。

期待される動作:
-------------------
インポートログには無効な勘定科目と部門の値が表示されるべき。

原因

To view full details, sign in with your My Oracle Support account.

Don't have a My Oracle Support account? Click to get started!


My Oracle Support provides customers with access to over a million knowledge articles and a vibrant support community of peers and Oracle experts.