My Oracle Support Banner

EGL9.2: 行レベルセキュリティを有効にした場合GLワークセンターにてフィルターを編集した時致命的なSQLエラーが発生する (Doc ID 2442871.1)

Last updated on SEPTEMBER 03, 2018

適用範囲:

PeopleSoft Enterprise FIN General Ledger - バージョン 9.2 から 9.2 [リリース 9]
この文書の内容はすべてのプラットフォームに適用されます。

現象

問題:
------------
ビジネスユニットとセットIDにて権限リストセキュリティを有効にした状態でGLワークセンターにてフィルターを編集した時下記のエラーが発生する。


再現手順:
---------------------
1. ビジネスユニットとセットIDに対して行レベルセキュリティを設定する。
2. セキュリティ設定を適用するためにセキュリティ設定の適用を実行する。
3. フィルター定義を開き最初のフィルターであるGLJRNL1を開く。プロンプトテーブルに BUSINESS_UNIT = SP_BU_GL_CLSVW およんび、LEDGER_GROUP = SP_BULGRP_NONVWが設定される。
4. GLワークセンターのフィルタの編集ページを開き、 「編集可能な仕訳」のフィルタ編集ボタンをクリックする。
5. ビジネスユニット、元帳グループ、会計年度を入力し適用ボタンをクリックすると致命的なSQLエラーが発生する。


エラー:
-----------
DescribeCol での SQL エラー。 (2,279) FS_FILTER_BUILDER.Configuration.Values.OnExecute Name:DoSaveEdit PCPC:20007 Statement:287
Called from:FSFB_FILTER_VALUES.GBL.FSFB_FLTRVALS.SaveEdit Statement:2

SQL 実行中に DescribeCol サブルーチンでエラーが発生しました。実行されていた SQL の詳細が前のメッセージで説明されています。


詳細はBugの再現手順書を参照してください。

変更点

 

原因

To view full details, sign in with your My Oracle Support account.

Don't have a My Oracle Support account? Click to get started!


本書の内容
現象
変更点
原因
解決策
参照情報

My Oracle Support provides customers with access to over a million knowledge articles and a vibrant support community of peers and Oracle experts.