My Oracle Support Banner

EAR 9.2: 直接仕訳入金のLAST_UPDATE_DTTM と OPRID_LAST_UPDTが完了したトランザクションに対して更新している (Doc ID 2451230.1)

Last updated on SEPTEMBER 25, 2018

適用範囲:

PeopleSoft Enterprise FIN Receivables - バージョン 9.2 から 9.2 [リリース 9]
この文書の内容はすべてのプラットフォームに適用されます。

現象

リリース : 9.2 Image #17
直接仕訳入金


現在の動作
-----------------------
データに対して何も変更を行っていないにもかかわらず、保存ボタンをクリックすると完了したトランザクションに対してLAST_UPDATE_DTTM と OPRID_LAST_UPDTが更新されている。
パス: 売掛金管理 > 入金 > 直接仕訳入金 > 会計入力修正


期待される動作
-----------------------
最終更新日付は実際にデータが変更された場合のみ変更すべき。


再現手順
-----------------------
この問題は以下の手順で再現可能です。:
1. 売掛金管理 > 入金 > 直接仕訳入金 > 会計入力修正を選択する。
2. 完了し一般会計で転記されているトランザクションにアクセスする。
3. 保存する。
4. 最終更新日付が今日の日付となり、ユーザは現在のユーザとなっている。

原因

To view full details, sign in with your My Oracle Support account.

Don't have a My Oracle Support account? Click to get started!


本書の内容
現象
原因
解決策
参照情報

My Oracle Support provides customers with access to over a million knowledge articles and a vibrant support community of peers and Oracle experts.