My Oracle Support Banner

EGL9.2: スプレッドシート仕訳インポート (JRNL1_WS)にてインストールオプションでドキュメント連番を無効にしているにも関わらず「ドキュメントタイプがビジネスユニットxxxxxに対して必要です」のエラーになる (Doc ID 2469535.1)

Last updated on NOVEMBER 05, 2018

適用範囲:

PeopleSoft Enterprise FIN General Ledger - バージョン 9.2 から 9.2 [リリース 9]
この文書の内容はすべてのプラットフォームに適用されます。

現象

問題:
---------------------
スプレッドシートから仕訳をインポートした時、「ドキュメントタイプがビジネスユニットxxxxxに対して必要です」のエラーになる。


再現手順:
---------------------
1. ファイナンシャルズ/サプライチェーン設定 > インストール > インストールオプション > 基本設定/GLにてドキュメント連番使用をオフにする。
2. ファイナンシャルズ/サプライチェーン設定 > ビジネスユニット関連 > 一般会計 > 一般会計定義にてビジネスユニットを検索する。
   チェックボックス「ドキュメント連番使用」がグレイアウトされていることを確認する。
3. 新規のスプレッドシート仕訳インポートテンプレート(JRNL1_WS.xlsm)を開く。設定とデフォルトボタンをクリックする。
4. 新規の仕訳シートを作成する。
5. 仕訳ヘッダーを入力する。
6. 仕訳行を入力する。
7. オンラインのインポートボタンを使い仕訳をインポートする。

詳細は再現手順書を参照してください。


エラー:
---------------------
ドキュメントタイプがビジネスユニットxxxxxに対して必要です。

変更点

 

原因

To view full details, sign in with your My Oracle Support account.

Don't have a My Oracle Support account? Click to get started!


本書の内容
現象
変更点
原因
解決策
参照情報

My Oracle Support provides customers with access to over a million knowledge articles and a vibrant support community of peers and Oracle experts.