My Oracle Support Banner

EAP9.2: 前払伝票を適用し支払伝票を転記後ユニット間取引行が作成されない (Doc ID 2493578.1)

Last updated on DECEMBER 04, 2019

適用範囲:

PeopleSoft Enterprise FIN Payables - バージョン 9.2 から 9.2 [リリース 9]
この文書の内容はすべてのプラットフォームに適用されます。

現象

前払伝票を適用し支払伝票を転記後ユニット間取引行が作成されない。

再現手順:

1. 買掛金管理定義を設定する。: 買掛金管理BU-US001、一般会計BU: US003、所在地: US005
2. 前払伝票を作成し(買掛金管理BU-US001、一般会計BU: US001) 転記する。
3. 前払伝票を支払い転記する。:
   - 会計入力は正しく作成される。
4. 上記前払伝票に対して支払伝票を作成する。(買掛金管理BU-US001、一般会計BU: US001)
5. 支払伝票を転記する。:

注意: PUM22においては、支払伝票が転記され前払行の金額がゼロの場合、ユニット間取引行は部分的に作成される。

BUSINESS_UNIT VOUCHER_ID UNPOST_SEQ APPL_JRNL_ID POSTING_PROCESS PYMNT_CNT VOU CHER_LINE_NUM DISTRIB_LINE_NUM DST_ACCT_TYPE MONETARY_AMOUNT
US001 349 0 ACCRUAL ACCR 0 99999 1 APA -392,38
US001 349 0 ACCRUAL ACCR 0 1 1 IUR 392,38
US001 349 0 ACCRUAL ACCR 0 1 1 IUP -392,38
US001 349 0 ACCRUAL ACCR 0 1 1 DST 392,38
US001 349 0 ACCRUAL PPAY 99998 99999 1 DST 0
US001 349 0 ACCRUAL PPAY 99998 99999 1 APA 0

期待される動作(PUM28における検証の通り)は以下の通りである。:

BUSINESS_UNIT VOUCHER_ID UNPOST_SEQ APPL_JRNL_ID POSTING_PROCESS PYMNT_CNT VOU CHER_LINE_NUM DISTRIB_LINE_NUM DST_ACCT_TYPE MONETARY_AMOUNT
US001 373 0 ACCRUAL ACCR 0 1 1 DST 392,38
US001 373 0 ACCRUAL ACCR 0 1 1 IUR 392,38
US001 373 0 ACCRUAL ACCR 0 99999 1 APA -392,38
US001 373 0 ACCRUAL ACCR 0 1 1 IUP -392,38
US001 373 0 ACCRUAL PPAY 99998 99999 1 IUP -392,38
US001 373 0 ACCRUAL PPAY 99998 99999 1 APA 392,38
US001 373 0 ACCRUAL PPAY 99998 99999 1 DST -392,38
US001 373 0 ACCRUAL PPAY 99998 99999 1 IUR 392,38

上記の事象に対してPUM22からPUM28の間にパッチは提供されているのか。

変更点

 

原因

To view full details, sign in with your My Oracle Support account.

Don't have a My Oracle Support account? Click to get started!


本書の内容
現象
変更点
原因
解決策
参照情報

My Oracle Support provides customers with access to over a million knowledge articles and a vibrant support community of peers and Oracle experts.