My Oracle Support Banner

GPJPN: 現住所と住民票所在地の有効日の値によってGPJP_YEA_TABLEが作成されない (Doc ID 2496687.1)

Last updated on MAY 27, 2019

適用範囲:

PeopleSoft Enterprise HCM Global Payroll Japan - バージョン 9.2 以降
この文書の内容はすべてのプラットフォームに適用されます。

現象

問題:
=====================
給与計算後、GPJP_WA_WHTAXは作成されたが、年末調整レポートデータロードを実施してもGPJP_YEA_TABLEが作成されない従業員がいる。
個人データの現住所と住民票所在地の有効日の設定内容によって動きが変わっている。


再現手順:
=====================
1. 職務データ、個人データ、カレンダーを設定する。(個人データの連絡先情報にて、指定日は住民票所在地(LEGL)より現住所(通勤用)(HOME)のほうが後の日付を設定する。)
2. 12月の給与計算を実行する。
3. 給与計算を実行後、GPJP_WA_WHTAXを確認する。=> レコードは作成されている。
4. 年末調整レポートデータロードを実行後、GPJP_YEA_TABLEを確認する。 => レコードが作成されていない。

原因

To view full details, sign in with your My Oracle Support account.

Don't have a My Oracle Support account? Click to get started!


本書の内容
現象
原因
解決策
参照情報

My Oracle Support provides customers with access to over a million knowledge articles and a vibrant support community of peers and Oracle experts.