My Oracle Support Banner

EAR9.2: 複数の配布行を持つアイテムを適用した時入金グループが会計入力貸借不一致エラーになる (Doc ID 2505485.1)

Last updated on DECEMBER 02, 2019

適用範囲:

PeopleSoft Enterprise FIN Receivables - バージョン 9.2 から 9.2 [リリース 9]
この文書の内容はすべてのプラットフォームに適用されます。

現象

売掛金更新を実行した時、複数の入金グループが下記のエラーになる。


エラー
-------------
会計入力貸借不一致エラー


再現手順
------------
この問題は以下の手順で再現可能です。:

1. 請求管理にて$100の請求書を作成する。
2. 収益配布タブにて部門、クラス、製品に値を投入する。
3. 請求書に対してステータスRDYを設定する。
4. 請求書の確定と印刷を実行する。(請求管理 > 請求書の作成 > 請求書 > 請求書の確定と印刷)
5. 売掛金管理への請求書のロードを実行する。(請求管理 > 請求書の作成 > 請求書 > 売掛金管理への請求書のロード)
6. 売掛金管理の外部アイテム(売掛金管理 > 未転記アイテム > 外部アイテム > グループ入力)
   金額$100の請求書が未転記アイテム1タブにあり、1つのプロジェクトと2つ目の製品の下に金額$50の2つのpending_dstの行が存在する。
7. 売掛金更新を実行する。請求書が正しく転記される。
7. 入金を作成する。(売掛金管理 > 入金 > オンライン入金 > 通常入金グループ)
8. 入金ワークシートを作成し同じアイテムを消し込む。(状態は異なる部門/製品/クラスを持つ複数のARの行がある)
9. 売掛金更新を実行する。AR行の合計とAR相殺行の合計が0となるため複数の入金グループが会計入力貸借不一致のエラーになる。
基本的に、売掛金更新ではAR相殺行を$50、$50のように2つの異なる製品に分割するようなことは行わずそれぞれの行に$100、$100を設定します。

原因

To view full details, sign in with your My Oracle Support account.

Don't have a My Oracle Support account? Click to get started!


本書の内容
現象
原因
解決策
参照情報

My Oracle Support provides customers with access to over a million knowledge articles and a vibrant support community of peers and Oracle experts.