My Oracle Support Banner

EAP: 非アクティブなオリジンコードを使用して支払伝票が作成されてしまう (Doc ID 2519089.1)

Last updated on DECEMBER 04, 2019

適用範囲:

PeopleSoft Enterprise FIN Payables - バージョン 9.2 から 9.2 [リリース 9]
この文書の内容はすべてのプラットフォームに適用されます。

現象

リリース: 9.2

-- オリジンコードを非アクティブにした後(ナビゲーション: ファイナンシャルズ/サプライチェーン設定 > 製品関連 > 購買オプション > 支払伝票 > 支払伝票オリジン)、
   検索ページを使って検索しても表示させることができない。非アクティブなオリジンコードを表示することができないため、どのコードが非アクティブなのか、または、
   再度アクティブになったのかを見ることができない。

-- 非アクティブなオリジンコードがユーザ基本設定にある場合、ユーザは支払伝票を作成することができ、非アクティブなオリジンコードを使って支払伝票を保存できてしまう。


再現手順:
-----------------------
この問題は以下の手順で再現可能です。:
1. ユーザのユーザ基本設定で設定済のオリジンコードを非アクティブにする。
2. ユーザに設定されたオリジンを持つ支払伝票を追加し、その支払伝票は正常に保存される。

原因

To view full details, sign in with your My Oracle Support account.

Don't have a My Oracle Support account? Click to get started!


本書の内容
現象
原因
解決策
参照情報

My Oracle Support provides customers with access to over a million knowledge articles and a vibrant support community of peers and Oracle experts.