My Oracle Support Banner

EAR9.2: 会計処理日を編集した場合即転記アクションを指定しても一部転記取消された入金グループを転記することができない (Doc ID 2526687.1)

Last updated on DECEMBER 02, 2019

適用範囲:

PeopleSoft Enterprise FIN Receivables - バージョン 9.2 から 9.2 [リリース 9]
この文書の内容はすべてのプラットフォームに適用されます。

現象

問題の内容:
-----------------------------------
会計処理日を編集した場合即転記アクションを指定しても一部転記取消された入金グループを転記することができない。


期待される動作:
--------------------------
会計処理日を編集した場合でも即転記アクションは一部転記取消された入金グループを転記すべき。


再現手順:
----------------------------
会計処理日を編集することにより入金を一部転記取消をし即転記アクションを選択する。


ビジネスインパクト:
---------------------
一部転記取消された入金グループの転記に売掛金更新を使用しなければならなくなる。

原因

To view full details, sign in with your My Oracle Support account.

Don't have a My Oracle Support account? Click to get started!


本書の内容
現象
原因
解決策
参照情報

My Oracle Support provides customers with access to over a million knowledge articles and a vibrant support community of peers and Oracle experts.