My Oracle Support Banner

EGL9.2: 外貨建で貸借一致している仕訳が仕訳編集を実行後基本通貨で貸借が一致しない(元帳グループに日付コードが無い) (Doc ID 2655704.1)

Last updated on APRIL 06, 2020

適用範囲:

PeopleSoft Enterprise FIN General Ledger - バージョン 9.2 から 9.2 [リリース 9]
この文書の内容はすべてのプラットフォームに適用されます。
***checked for relevance 24-Jul-2018***



現象

基本通貨と異なる1つだけの外貨を使用し外貨建で貸借一致したインポートされた仕訳が仕訳編集を実行後貸借一致しない。
仕訳は外貨のみでロードされ編集により基本金額を生成すべきである。

また、同じ仕訳を手入力で入力すると端数調整行が作成されない。

通貨GBPのビジネスユニット
元帳グループには1つの元帳だけ持ち、ビジネスユニットの通貨を継承する。
行 1 通貨:CAD  16937 借方
行 2 通貨:CAD -5895.98 貸方
行 3 通貨:CAD -11041.02 貸方

オンラインから入力
換算レートは2.29206767を使用。

外貨金額のみインポートし編集により基本金額を生成すると外貨で貸借一致する仕訳は基本通貨で貸借一致すべきである。

しかし、外貨金額で貸借一致するインポートされた仕訳を編集後、基本通貨で貸借が一致した仕訳が生成されない。

変更点

 

原因

To view full details, sign in with your My Oracle Support account.

Don't have a My Oracle Support account? Click to get started!


本書の内容
現象
変更点
原因
解決策
参照情報

My Oracle Support provides customers with access to over a million knowledge articles and a vibrant support community of peers and Oracle experts.