My Oracle Support Banner

EAP: 支払伝票転記を実行時に支払伝票がクローズされた前払伝票と適用できてしまう (Doc ID 2692420.1)

Last updated on JULY 27, 2020

適用範囲:

PeopleSoft Enterprise FIN Payables - バージョン 9.2 以降
この文書の内容はすべてのプラットフォームに適用されます。

現象

支払伝票転記を実行時に支払伝票が支払キャンセルが行われた(支払転記は実行されていない)前払伝票に適用できてしまう。
この動作はオンラインの前払伝票適用と異なっている。(オンラインでは適用できない)

この問題は以下の手順で再現可能です。:
1. 前払伝票を作成するために支払伝票入力を開く。
2. 前払伝票を転記するために支払伝票転記を実行する。
3. 前払伝票を開くために支払伝票入力を開き支払タブを選択する。
   ドロップダウンリストから支払を記録を選択し、有効な支払参照を記録して保存する。
4. 前払伝票を支払うために支払転記を実行する。
5. 支払伝票入力を開き通常伝票を作成する。支払伝票属性タブにて「自動的に前払に適用」のチェックボックスが選択されていることを確認する。
6. 支払キャンセルを開き、「再発行しない/貸方クローズ」を選択し支払キャンセルを保存するが支払転記は実行しない。
7. 通常伝票を転記する。

変更点

 

原因

To view full details, sign in with your My Oracle Support account.

Don't have a My Oracle Support account? Click to get started!


本書の内容
現象
変更点
原因
解決策
参照情報

My Oracle Support provides customers with access to over a million knowledge articles and a vibrant support community of peers and Oracle experts.