My Oracle Support Banner

EAR 9.2: 売掛金更新が正常終了するが会計入力が生成されずメッセージ「異常終了を回避するために転記が中止されました」が表示される (Doc ID 2692439.1)

Last updated on JULY 22, 2020

適用範囲:

PeopleSoft Enterprise FIN Receivables - バージョン 9.2 から 9.2 [リリース 9]
この文書の内容はすべてのプラットフォームに適用されます。

現象

それぞれ異なるビジネスユニットを持つ貸方アイテムと借方アイテムを持つ新規のメンテナンスワークシートを1つの顧客IDに対して作成しました。
ワークシートの転記アクションをバッチ標準し売掛金更新を実行すると、転記エラー修正にメンテナンスグループが表示され、
エラーコード会計入力貸借不一致が表示され、アイテムの一部の会計入力が未完了になりました。

メッセージログを確認すると、アプリケーション・エンジンAR_POSTが異常終了を回避するためにプロセスが中止されましたと警告メッセージを表示しました。


再現手順:

  1.- FSCM オンライン・アプリケーションに売掛金管理ユーザでログインする
  2.- ビジネスユニット US001、顧客ID 1005、金額 借方100USDのトランザクションを持つ新規の未転記アイテムグループを作成し転記アクションをバッチ標準に設定する
  3.- ビジネスユニット US003、顧客ID 1005、金額 貸方100USDのトランザクションを持つ新規の未転記アイテムグループを作成し転記アクションをバッチ標準に設定する
  4.- ビジネスユニット US001、US003に対して売掛金更新を実行する
  5.- 顧客ID 1005に対して新規のメンテナンスワークシートを作成し、ワークシートアプリケーションタブにて残高0になるよう借方・貸方アイテムを選択する
  6.- ワークシートアクションタブにて、転記アクションをバッチ標準に設定する
  7.- メンテナンスワークシートに対して売掛金更新を実行する
  8.- 売掛金更新が正常に終了するがAR_POST1が警告メッセージを表示する
  9.- メンテナンスグループについて転記エラー修正にて確認し、会計入力がエラーコード ACTOBで未完了となっていることを確認する


警告メッセージ:

  " Accounting Entries created for 2 Pending Item(s) in 1 Group(s)
    Post ABORTED to avoid abend. Change Sequence of System Transaction Definition ARIT to a value <> 501.
    Accounting Entries created for 2 Pending Item(s) in 1 Group(s)
    Accounting Entries not balanced for 1 Pending Item(s) in 1 Group(s) "


メンテナンスグループが転記されず、それにより、影響を受ける顧客のアイテムが想定通りに処理されず、これらの請求書が最終的にクローズできない。

売掛金更新は問題となっているシナリオで処理を可能とすべきで、メンテナンスグループの転記を正常にできるよう必要なユニット間会計入力を生成すべきである。

変更点

 

原因

To view full details, sign in with your My Oracle Support account.

Don't have a My Oracle Support account? Click to get started!


本書の内容
現象
変更点
原因
解決策
参照情報

My Oracle Support provides customers with access to over a million knowledge articles and a vibrant support community of peers and Oracle experts.