My Oracle Support Banner

EAR9.2: グループが会計入力貸借不一致となり売掛金更新のエラーメッセージログに「異常終了を回避するために転記が中止されました」が 表示される状況を解決する方法について (Doc ID 2695628.1)

Last updated on JULY 30, 2020

適用範囲:

PeopleSoft Enterprise FIN Receivables - バージョン 9.2 から 9.2 [リリース 9]
この文書の内容はすべてのプラットフォームに適用されます。

目的

グループがシステムに正常に転記されるよう手入力を行わずにプロセス自身によって処理が行える恒久的パッチは提供できるのでしょうか。
<Document 2502360.1>に提供されている解決策は会計入力貸借不一致のエラーとなったグループを転記することに使うことができる修正方法です。
お客様のビジネスシナリオには売掛金更新が正常に転記が行われたがAR_PGG1のメッセージログに「異常終了を回避するために転記が中止されました」と表示されています。

既存の推奨方法の通りシステム取引定義 ARITの順序を値501以外に変更しましたが、お客様の問題は解決しませんでした。
- EAR 9.2: AR Update Ends Up In Success, But Does Not Generate Accounting Entries, While Issuing Message: Post ABORTED To Avoid Abend. (<Document 2502360.1>)
- Bug 26614205 - AR: INFO - ARUPDATE MESSAGE LOG SHOWS 'POST ABORTED TO AVOID ABEND'
 
再現手順
=================
<Bug 26614205>の推奨方法の通り、お客様は下記の手順を行いましたが、グループは修正されませんでした。

1) 下記のSQLを実行します。:

SELECT MAX(DST_SEQ_NUM), MIN(DST_SEQ_NUM) FROM PS_ITEM_DST .

2) このSQLの結果は現在使用されている会計入力の配布連番の値の範囲を表示します。上記で推奨されている通り範囲外の値を選択します。

3) FSCMオンライン アプリケーションのシステム管理者のユーザでログインし下記のパスを開きます。:

- ファイナンシャルズ/サプライチェーン設定 > 共通定義 > ユニット間/ユニット内 > システム取引定義

4) 転記を中止したエラーメッセージが出たシステム取引(このケースではARIT)を開きます。

5) システム取引2のタブを開きます。

6) 連番のフィールドまでスクロールダウンします。

7) 編集ボックスにて選択された新たな値を設定します。

8) 保存します。

9) 取引を反映させるために売掛金更新を再実行し、全ての必要な会計入力が想定通りに作成されます。

 

解決策

To view full details, sign in with your My Oracle Support account.

Don't have a My Oracle Support account? Click to get started!


本書の内容
目的
解決策
参照情報

My Oracle Support provides customers with access to over a million knowledge articles and a vibrant support community of peers and Oracle experts.