My Oracle Support Banner

Siebel CRM 製品のための My Oracle Support 「動作保証」の利用方法 (Doc ID 1636348.1)

Last updated on MAY 06, 2019

適用範囲:

Siebel System Software - バージョン 7.0.4.303 SIS [14186] 以降
Siebel CRM - バージョン 15.0 [IP2015] 以降
この文書の内容はすべてのプラットフォームに適用されます。

詳細

以前にSiebel System Requirements and Supported Platforms (SR&SP)ガイドとして公開されていた情報は、Siebelバージョン8.1.1.9、8.2.2.2およびその後のバージョンである15.x、16.x、17.xよりMy Oracle Support に「動作保証」として統合されました。My Oracle Support の「動作保証」はセルフ式の動作保証情報アプリケーションであり、My Oracle Support (MOS)の一部として、動作保証に関する情報を体系的に表示する形で提供しています。これによりプラットフォーム、リリースバージョン、その他の情報を検索する事が可能です。

 

 

  

動作保証情報は個別のドキュメントではなく、My Oracle Support 上に「動作保証」として保持されています。例えばサポートする言語やハードウェアの様な、以前は SR&SP ドキュメントに存在していたその他の情報は、My Oracle Support の項目の1つとして公開されました。これらの項目へのリンクについて、下記のリストを参照してください。

重要:
MOS上の「動作保証」は、最も一般的なSiebel CRMの動作保証情報を提供する、補助的なツールです。それはCertification Central Hubや、Oracle Technology Network (OTN)上のSiebel Bookshelfドキュメントに取って代わるものではありません。MOSおよびOTN上のCertification Central Hubにある両方の「動作保証」は共存しており、同時にメンテナンスが行われます。Siebel CRM製品の動作保証を、お客様の必要に応じて、いずれからも参照する事ができます。

新しい製品リリース(8.1.1.9および8.2.2.2と、それ以降)は、MOS上の「動作保証」に組み込まれています。それより以前のリリースの動作保証情報を、MOS上の「動作保証」に加える予定はありません。それら以前のリリースの動作保証情報については、依然としてOracle Technology Network (OTN)上のSystem Requirements and Supported Platforms Documentation Libraryライブラリに存在しています。

Oracle Fusion Middlewareおよび関連する製品のサポートするシステム構成や要件については、Oracle Technology Network (OTN)上のCertification Central Hubを参照してください。

アクション

My Oracle Supportから動作保証情報を得る方法

My Oracle Supportには、製品およびプラットフォームによる動作保証を調査する事が可能な、「動作保証」タブがあります。更なる情報については、MOS「動作保証」ページにある「動作保証クイック・リンク」を参照してください。 

 

MOS上の「動作保証」の使用方法

MOS上の「動作保証」タブに移動する前に、先ずSiebel CRM製品のための「動作保証」の対象を理解してください。MOSの「動作保証」は全てのバージョンまたは製品の動作保証のコンテンツを含んでいません。アプリケーションが現在サポートしているのは、Siebel CRM製品の8.1.1.9と8.2.2.2およびそれ以降のリリースのみとなります。

「動作保証検索」領域にて、適切なSiebel製品モジュールを「製品」ドロップダウンリストより選択してください。「動作保証」内の「製品」カテゴリーには、Siebel Enterprise Applicationという大きなパッケージソフトの一部として、様々なサーバーおよびアプリケーションが含まれています。

重要: MOS上の「動作保証」の検索は大文字と小文字を区別し、以下に述べる様に製品を入力した時に最も合致するものを見つけます。

Siebel Enterpriseグループにおける、動作保証データとなる「製品」は、以下の通りです:

注意: 該当する場合、Siebelコンポーネントはデータベース層まで保証します。そして、そのデータベース製品がサポートしているオペレーティングシステム層まで保証するかは、データベースベンダー次第となります。例えば、Siebel EnterpriseリリースIP2017は、Microsoft SQL Server 2016を保証しています。しかし、SQL Serverのこのリリースがサポートされるオペレーティングシステムのバージョンは、Microsoftによって保証されていなければなりません。


以下のビデオは、MOS「動作保証」タブの使用方法についての、一般的なガイダンスになります:
(i) My Oracle Supportの「動作保証」における、検索の紹介: My Oracle Support - Certify Introduction
(ii) My Oracle Supportの「動作保証」における、高度な検索: My Oracle Support - Certify Advanced Searching

より詳細なインストールおよび構成の情報については、Oracle Technology Network (OTN)上にあるSiebel Bookshelfガイドを参照してください。

 

My Oracle Support上の「動作保証」にある情報についてのコメントがありましたら、気兼ねなくMy Oracle Support community, Siebel Installation and Upgrade (MOSC)に投稿してください。

 

 

本文書利用上のご注意
====================
本文書は英語で提供されているDocument 1492194.1 (最終更新日: 2019年 5月 6日) を翻訳したものです。ご利用に際しては、英語の原文を併せてご参照頂くことをお勧めいたします。

 

コンタクト

To view full details, sign in with your My Oracle Support account.

Don't have a My Oracle Support account? Click to get started!


本書の内容
詳細
アクション
 My Oracle Supportから動作保証情報を得る方法
 MOS上の「動作保証」の使用方法
 以下の情報は社外秘であり、Oracleテクニカルサポート担当のために提供しています。
コンタクト
参照情報

My Oracle Support provides customers with access to over a million knowledge articles and a vibrant support community of peers and Oracle experts.