My Oracle Support Banner

64ビット版のLinux OS上で、Siebel Fix Pack 8.1.1.8以降をインストールするためにOracle Universal Installerを実行するときは、32ビット版のJREと*.so ライブラリ(32ビット版)を使用してください。 (Doc ID 1684082.1)

Last updated on APRIL 30, 2018

適用範囲:

Siebel CRM - バージョン 8.1.1.8 [23012] 以降
Linux x86-64

現象

64ビット版のLinux OS上でSiebel Fix Pack 8.1.1.8以降をインストールするために、Oracle Universal Installer (OUI)を、以下のようなコマンドにより、64ビット版のJavaランタイム (JRE)を用いて実行すると、"Installation Details and Progress"の画面が、"Creating API Installer instance"のメッセージを表示した後でハングします。

./runInstaller -jreLoc /usr/jdk6_64bit ....

インストーラのエラーログであるorainsta*.errには以下のようなエラーが記録されています。

変更点

64ビット版のLinux OS上で、64ビット版のJREは /usr/jdk6_64bit ディレクトリにインストールされていました。

64ビット版のLinux OS上で、32ビット版のJREは /usr/jdk6_32bit ディレクトリにインストールされていました。

原因

To view full details, sign in with your My Oracle Support account.

Don't have a My Oracle Support account? Click to get started!


My Oracle Support provides customers with access to over a million knowledge articles and a vibrant support community of peers and Oracle experts.