My Oracle Support Banner

ログオフ時のS_PARTY/S_USERテーブルへの更新を回避する方法 (Doc ID 2338983.1)

Last updated on FEBRUARY 05, 2019

適用範囲:

Siebel CRM - バージョン 8.0.0.12[20444] 以降
この文書の内容はすべてのプラットフォームに適用されます。
2016/06/28 内容の検査済み

目的

同一ユーザによる複数のプロセス(例えば、EAIのインバウンドリクエストや、WFProcMgrコンポーネントのワークフロー)がログイン/ログオフを併行して行う場合、ログオフ時にS_PARTY/S_USERテーブルに対する更新処理が実行されると、処理の競合や待ちが発生し得ます。

ログオフ時に実行されるSQL文は以下のようなものです。

このSQLブロックが複数のプロセスから同時に実行されると、これらのテーブルに対する処理の競合を引き起こし、処理全体の性能に影響を与える可能性があります。

 

解決策

To view full details, sign in with your My Oracle Support account.

Don't have a My Oracle Support account? Click to get started!


本書の内容
目的
解決策
参照情報

My Oracle Support provides customers with access to over a million knowledge articles and a vibrant support community of peers and Oracle experts.