My Oracle Support Banner

Sun Storage 7000 Unified Storage System: 「過剰な」量の「古い」ログ・ファイルが存在するためにBUI/CLIがハングアップする (Doc ID 1514702.1)

Last updated on JULY 25, 2018

適用範囲:

Sun ZFS Storage 7120 - バージョン Not Applicable から Not Applicable [リリース N/A]
Sun ZFS Storage 7320 - バージョン Not Applicable から Not Applicable [リリース N/A]
Sun ZFS Storage 7420 - バージョン Not Applicable から Not Applicable [リリース N/A]
Sun Storage 7110 Unified Storage System - バージョン Not Applicable から Not Applicable [リリース N/A]
Sun Storage 7210 Unified Storage System - バージョン Not Applicable から Not Applicable [リリース N/A]
7000 Appliance OS (Fishworks)

現象

この情報をさらにオラクルのエキスパートや他のお客様と議論するために、「My Oracle Support Community - Disk Storage ZFS Storage Appliance」にてコミュニティの内容をご覧いただき、コミュニティへの参加をお薦めいたします。


お客様が確認できる現象。

appliance/kit/akd: default:method "exec /usr/lib/ak/akd" failed with exit status 1.

 

原因

これは既知の問題です。この問題の根本的な原因は、akdが開いているファイルが多すぎることです。
akdによって使用されるいくつかのライブラリ(libzfsを含む)では、ファイル記述子が256個に制限されています。

原因

To view full details, sign in with your My Oracle Support account.

Don't have a My Oracle Support account? Click to get started!


My Oracle Support provides customers with access to over a million knowledge articles and a vibrant support community of peers and Oracle experts.