My Oracle Support Banner

Solarisのパニックまたは予期しないリブート後に、オラクル社に送信する必要がある情報 (Doc ID 1514744.1)

Last updated on AUGUST 30, 2019

適用範囲:

Solaris Operating System - バージョン 8.0 以降
All Platforms

目的

 英語版はこちら

 

予期しないパニックまたはリブートが起きた後で、オラクル社がパニックまたはリブートの原因を明らかにするために役立つ情報をできる限り多く集めることが重要です。

このドキュメントでは、パニックや予期しないリブートを診断するときに最も一般的に必要とされるファイルおよびデータを示します。通常、最初に事象を記録するときに、推奨されたファイルおよびデータを提供できれば申し分ありません。そうすれば、オラクル社からの対応を迅速に引き出せます。

注意: このドキュメントは、「Document 1012913.1 Troubleshooting Panics,Dumps,Hangs or Crashes in the Solaris Operating System」にリンクされた一連のドキュメントの1つに過ぎません。

このドキュメントがニーズに合っていない場合は、おそらく上記のドキュメントを調べて、お客様の要件により適したドキュメントを見つけることができます。

解決策

To view full details, sign in with your My Oracle Support account.

Don't have a My Oracle Support account? Click to get started!


My Oracle Support provides customers with access to over a million knowledge articles and a vibrant support community of peers and Oracle experts.