My Oracle Support Banner

Sun Storage[TM] 2500および6000 RAIDアレイのディスク障害のトラブルシューティング (Doc ID 1515670.1)

Last updated on MAY 21, 2019

適用範囲:

Sun Storage 2530-M2 Array - バージョン Not Applicable 以降
Sun Storage 2540-M2 Array - バージョン Not Applicable 以降
Sun Storage 2540 Array - バージョン Not Applicable 以降
Sun Storage 6140 Array - バージョン All Versions 以降
Sun Storage 2510 Array - バージョン Not Applicable 以降
All Platforms

目的

 このドキュメントの目的は、StorageTek、Sun StorEdge、Sun StorageTekおよびSun Storage アレイのディスク障害の症状のトラブルシューティングを支援することです。

現象

  • Common Array ManagerまたはSANtricityが、「Failed Hot Spare or Unassigned Drive(ホットスペアの失敗またはドライブが割り当てられていない)(アラームID xx.66.1021)」
    の障害を示している。
  • Common Array ManagerまたはSANtricityが、「Failed Drive(ドライブの障害)(アラームID xx.66.1023)」の障害を示している。
  • Common Array ManagerまたはSANtricityが、「Volume Degraded(ボリュームの機能縮退)(アラームID xx.66.1013)」の障害を示している。
  • Common Array ManagerまたはSANtricityが、「Volume Failed(ボリュームの障害)(アラームID xx.66.1017)」の障害を示している。
  • SANtricityまたはCommon Array Managerが、「Impending Drive Failure Risk Low(危険性が低い潜在的なドライブ障害)(xx.66.1026)」の障害を示している。
  • SANtricityまたはCommon Array Managerが、「Impending Drive Failure Risk Medium(危険性が中程度の潜在的なドライブ障害)(xx.66.1025)」の障害を示している。
  • SANtricityまたはCommon Array Managerが、「Impending Drive Failure Risk High(危険性が高い潜在的なドライブ障害)(xx.66.1024)」の障害を示している。
  • SANtricityまたはCommon Array Managerが、「Drive Bypassed, reason not specified(ドライブがバイパスされたが原因は不明)(xx.66.1064)」の障害を示している。
  • SANtricityまたはCommon Array Managerが、「Drive Bypassed, Single Port (単一のポートでドライブがバイパスされた)(xx.66.1119)」の障害を示している。
  • SANtricityまたはCommon Array Managerが、「Drive Path Degraded(ドライブ・パスの機能縮退)(xx.66.1076)」の障害を示している。
  • ストレージ・システム内の1つまたは複数のドライブで、オレンジ色のLEDが点灯している。

次の各トラブルシューティングの手順が、使用している環境に適合していることを確認してください。各手順では、手順の確認、および必要に応じて手順の調整を行なうために、ドキュメントへのリンクを使用して手順を示します。手順は、問題を切り分けて、適切な解決策を識別するために、もっとも適切な順序になっています。手順をスキップしないでください。

トラブルシューティングの手順

To view full details, sign in with your My Oracle Support account.

Don't have a My Oracle Support account? Click to get started!


My Oracle Support provides customers with access to over a million knowledge articles and a vibrant support community of peers and Oracle experts.