My Oracle Support Banner

Solaris Volume Manager (SVM): リブート後にすべてのミラー・メタデバイスの状態が 「Needs Maintenance」 になり "Invoke metasync <metamirror>" が出力される (Doc ID 1546206.1)

Last updated on SEPTEMBER 13, 2019

適用範囲:

Solstice DiskSuite Software - バージョン 4.2.1 から 4.2.1 [リリース 4.0]
Sun Solaris Volume Manager (SVM) - バージョン 11.9.0 から 11.11 [リリース 11.0]
All Platforms

現象

 英語版はこちら

Solaris Volume Manager (SVM)を実行しているシステムで、システムの再起動後に、すべてのミラーが「Needs Maintenance (保守を行う必要があります)」の状態を示す。これは、ルート・ディスクを含む(SVMで制御されている場合)システム上のすべてのミラーで発生します。metastatの出力に示されているように、ミラーはmetasyncコマンドを使用して「Okay」状態に戻すことができます。ただし、システムを再起動すると、ミラーが「Needs Maintenance (保守を行う必要があります)」の状態に戻ります。

注意: このドキュメントは、実際にハードウェアの問題がある場合、または以降で説明するシステム・エラー以外が発生した場合の「Needs Maintenance (保守を行う必要があります)」状態には適用されません。


この状態の例は、metastatコマンドの出力で確認することができます。

# metastat
d4: Mirror
  Submirror 0: d14
  State: Needs maintenance Thu Sep 2 16:18:22 2010
  Submirror 1: d24
  State: Needs maintenance Mon Sep 20 14:57:22 2010
  Pass: 1
  Read option: roundrobin (default)
  Write option: parallel (default)
  Size: 83887500 blocks (40 GB)

d14: Submirror of d4
  State: Needs maintenance Thu Sep 2 16:18:22 2010
  Invoke: metasync d4
  Size: 83887500 blocks (40 GB)
  Stripe 0:
  Device Start Dbase State Reloc Hot Spare Time
  c0t0d0s4 0 No Okay Yes Thu Sep 2 16:17:13 2010


d24: Submirror of d4
  State: Needs maintenance Mon Sep 20 14:57:22 2010
  Invoke: metasync d4
  Size: 83887500 blocks (40 GB)
  Stripe 0:
  Device Start Dbase State Reloc Hot Spare Time
  c0t1d0s4 0 No Okay Yes Thu Sep 2 16:17:42 2010


d3: Mirror
  Submirror 0: d13
  State: Needs maintenance Thu Sep 2 16:18:19 2010
  Submirror 1: d23
  State: Needs maintenance Mon Sep 20 14:44:16 2010
...

原因

To view full details, sign in with your My Oracle Support account.

Don't have a My Oracle Support account? Click to get started!


My Oracle Support provides customers with access to over a million knowledge articles and a vibrant support community of peers and Oracle experts.