My Oracle Support Banner

Solaris Cluster : HAデータ・サービスのデバッグを有効にする方法 (Doc ID 1550317.1)

Last updated on AUGUST 10, 2020

適用範囲:

Oracle Hierarchical Storage Manager (HSM) and StorageTek QFS Software - バージョン 4.0 以降
Solaris Cluster Geographic Edition - バージョン 3.0 から 4.2 [リリース 3.0 から 4.2]
Solaris Cluster - バージョン 3.0 から 4.2 [リリース 3.0 から 4.2]
All Platforms

目的

 英語版はこちら

このドキュメントでは、様々なSolaris Cluster 3.xデータ・サービスのために存在するデバッグ・メカニズムについて説明します。

デバッグ・メカニズムを有効にすることによって生成されるデバッグ情報の有用性は、データ・サービスのタイプによって異なります。デバッグを有効にすると、通常、パフォーマンスが多かれ少なかれ低下します(データ・サービスのタイプ、選択したデバッグのレベルによって異なります)。

解決策

To view full details, sign in with your My Oracle Support account.

Don't have a My Oracle Support account? Click to get started!


My Oracle Support provides customers with access to over a million knowledge articles and a vibrant support community of peers and Oracle experts.