My Oracle Support Banner

Solaris Volume Manager (SVM): 事前対応でのミラー・ディスクの交換(1つ以上のスライスが「Ok」状態である場合) (Doc ID 1552781.1)

Last updated on JUNE 06, 2016

適用範囲:

Solstice DiskSuite Software - バージョン 4.2 から 4.2.1 [リリース 4.0]
Sun Solaris Volume Manager (SVM) - バージョン 11.9.0 から 11.11 [リリース 11.0]
Oracle Solaris on SPARC (64-bit)
Oracle Solaris on SPARC (32-bit)
Oracle Solaris on x86-64 (64-bit)
Oracle Solaris on x86 (32-bit)

目的

 英語版はこちら

このドキュメントでは、障害は発生していないが許容できない数のエラー(たとえば、「iostat -E」のハード・エラー、予想障害分析(predictive failure analysis)のしきい値の超過、Sense Code ASCが0x5D、または修正不可能なブロック・エラー)が報告されているSolaris Volume Manager (SVM)のミラーのディスクを交換するための正しい手順を説明します。

このドキュメントでは、ディスクで許容できない数のエラーが報告されていても、「metastat」の出力で「Okay」と報告されているディスクを交換するために必要な手順のみを説明します。

解決策

To view full details, sign in with your My Oracle Support account.

Don't have a My Oracle Support account? Click to get started!


My Oracle Support provides customers with access to over a million knowledge articles and a vibrant support community of peers and Oracle experts.