My Oracle Support Banner

Oracle 7420 ZFSアレイに接続したSolaris 10 SSTM (別名MPXIO)対応サーバーでのディスクI/O中のASC: 0x4 (LUNアクセス不能、ターゲット・ポートはスタンバイ状態)、ASCQ: 0xb、FRU: 0x0エラー (Doc ID 1555745.1)

Last updated on JUNE 10, 2019

適用範囲:

Sun ZFS Backup Appliance - バージョン All Versions から All Versions [リリース All Releases]
Sun Storage Traffic Manager Software - バージョン 3.0 から 4.6 [リリース 3.0 から 4.0]
Solaris Operating System - バージョン 10 9/10 U9 から 11.1 [リリース 10.0 から 11.0]
Sun ZFS Storage 7420 - バージョン All Versions から All Versions [リリース All Releases]
この文書の内容はすべてのプラットフォームに適用されます。
For additional information see following documentation:

Sun ZFS Storage 7000 System Administration Guide December 2011 E26397–02
- FCMPxIO section at

http://docs.oracle.com/cd/E26765_01/html/E26397/configuration__san__fcmpxio.html

Here is a snip:

=====

The Sun ZFS Storage 7000 series uses Asymmetric Logical Unit Access (ALUA) to provide FC target multipathing support. Please refer to SCSI Primary Commands (SPC) definition on t10 at http://www.t10.org if you need more information.

The following instructions provide a guide for setting up the FC host clients that are connected to a FC target enabled clustered appliance.
Configuring Solaris Initiators

See the FC initiator qualification table for the set of Solaris versions that are currently qualified for ALUA. MPxIO is enabled on Solaris x86 platforms but disabled on SPARC by default. The mpathadm show LU command shows the path state changing from active to standby or standby to active. Alternately, you can also use luxadm display to show path state.
...

現象

 英語版はこちら

追加情報については、次のドキュメントを参照してください。

Sun ZFS Storage 7000 System Administration Guide December 2011 E26397-02
- 次の場所にあるFCMPxIOセクション

http://docs.oracle.com/cd/E26765_01/html/E26397/configuration__san__fcmpxio.html

その一部を以下に示します。

=====

Sun ZFS Storage 7000シリーズは非対称論理ユニット・アクセス(ALUA)を使用して、FCターゲットのマルチパス・サポートを実現しています。詳細が必要な場合は、http://www.t10.orgで、t10に関するSCSI Primary Commands (SPC)定義を参照してください。

次の手順では、FCターゲット対応のクラスタ化したアプライアンスに接続されているFCホスト・クライアントを設定する方法について説明します。
Solarisイニシエータの構成

現在、ALUAに対して認定されているSolarisバージョン・セットについては、FCイニシエータの認定テーブルを確認してください。MPxIOはデフォルトで、Solaris x86プラットフォームでは有効ですが、SPARCでは無効になっています。mpathadm show LUコマンドは、アクティブからスタンバイへ、またはスタンバイからアクティブへのパス状態の変化を示します。または、luxadm displayを使用してパス状態を示すこともできます。
.

# zpool create bvf014_rpool c6t600144F090140513000050EB00D60009d0
cannot create "bvf014_rpool": I/O error
#
#
Jan 7 18:25:57 <host_name> sshd[1186]: [ID 800047 auth.notice] Failed none for secadmin from 138.35.161.115 port 3571 ssh2
Jan 7 18:26:12 <host_name> su: [ID 366847 auth.notice] "su root" succeeded for secadmin on /dev/pts/1

Jan 7 18:31:55 <host_name> scsi: [ID 107833 kern.warning] WARNING: /scsi_vhci/ssd@g600144f090140513000050eb00d60009 (ssd10):
Jan 7 18:31:55 <host_name> Error for Command: write(10) Error Level: Fatal
Jan 7 18:31:55 <host_name> scsi: [ID 107833 kern.notice] Requested Block: 784 Error Block: 784
Jan 7 18:31:55 <host_name> scsi: [ID 107833 kern.notice] Vendor: SUN Serial Number:
Jan 7 18:31:55 <host_name> scsi: [ID 107833 kern.notice] Sense Key: Not_Ready
Jan 7 18:31:55 <host_name> scsi: [ID 107833 kern.notice] ASC: 0x4 (LUN not accessible, target port in standby state), ASCQ: 0xb, FRU: 0x0


サーバーでのSun Storage Traffic Managerソフトウェア(別名MPXIO)対応のマルチパスにより、同じ単一LUN 0への次の4つのパスが示されます。

 ssd10 /scsi_vhci/ssd@g600144f090140513000050eb00d60009
  21000024ff3b6e2a,0 20000024ff3b6e2a primary online fp5 /pci@400/pci@0/pci@c/SUNW,emlxs@0/fp@0,0
  21000024ff3b6e16,0 20000024ff3b6e16 primary online fp5 /pci@400/pci@0/pci@c/SUNW,emlxs@0/fp@0,0
  21000024ff3b6e2b,0 20000024ff3b6e2b primary online fp8 /pci@500/pci@0/pci@9/SUNW,emlxs@0/fp@0,0
  21000024ff3b6e17,0 20000024ff3b6e17 primary online fp8 /pci@500/pci@0/pci@9/SUNW,emlxs@0/fp@0,0

変更点

初回の新規インストール設定。

Sun Storage Traffic Managerソフトウェア(別名MPXIO)マルチパス・ソフトウェアに使用される/kernel/drv/scsi.vhci.confファイルでの無効なエントリ。

エントリが使用されている場所/理由を理解せずに、そのエントリが適切になっている他のアレイから、無効なエントリがコピーされたのではないかと思われます。   scsi_vhci.confにおけるエントリは、必ずアレイ・ベンダーの構成手順に従って、アレイに対して作成する必要があります。該当するベンダーからの具体的な手順を使用せずに、別のベンダー/製品に対して、他のアレイ・ベンダー/製品からエントリを決してコピーしないでください。

ホスト・タイプ  :  T5240
Oracle Solaris 10 8/11 s10s_u10wos_17b SPARC

Oracle Emulex FC HBA
Oracle 7420 ZFSアレイ内でデュアル・ファブリックを経由してターゲットモードで
Oracle Ologic FC HBAカードに接続

c3 = emlxs0 (fp5) -> /devices/pci@400/pci@0/pci@c/SUNW,emlxs@0/fp@0,0:devctl
================================================================================
 Port_ID  Port WWN            Device Description             Type
 -------  --------            ------------------             ----
 10400    21000024ff3b6e2a -> QLogic HBA: Port 1             (Disk device)
 10500    21000024ff3b6e16 -> QLogic HBA: Port 1             (Disk device)
 10800    10000090fa07dffe -> Unknown PORT WWN               (Unknown Type,Host Bus Adapter)


c2 = emlxs2 (fp8) -> /devices/pci@500/pci@0/pci@9/SUNW,emlxs@0/fp@0,0:devctl
================================================================================
 Port_ID  Port WWN            Device Description             Type
 -------  --------            ------------------             ----
 10400    21000024ff3b6e2b -> QLogic HBA: Port 1             (Disk device)
 10500    21000024ff3b6e17 -> QLogic HBA: Port 1             (Disk device)
 10800    10000090fa073b3e -> Unknown PORT WWN               (Unknown Type,Host Bus Adapter)

原因

To view full details, sign in with your My Oracle Support account.

Don't have a My Oracle Support account? Click to get started!


本書の内容
現象
変更点
原因
解決策
  
参照情報

My Oracle Support provides customers with access to over a million knowledge articles and a vibrant support community of peers and Oracle experts.