My Oracle Support Banner

Oracle VM Server for SPARC (LDom)の構成、保存とリストアの設定およびトラブルシューティング (Doc ID 1608217.1)

Last updated on SEPTEMBER 10, 2019

適用範囲:

Solaris Operating System - バージョン 10 3/05 から 11 11/11 [リリース 10.0 から 11.0]
Oracle Solaris on SPARC (64-bit)

目的

このドキュメントはSPARC (LDom)用のOracle VMサーバーの構成を照会、編集、格納するコマンドとツールを紹介しています。 構成方法とトラブルシューティング方法も紹介しています。

トラブルシューティングの手順

To view full details, sign in with your My Oracle Support account.

Don't have a My Oracle Support account? Click to get started!


本書の内容
目的
トラブルシューティングの手順
 基本情報
 SPARC(LDom)用のOracle VMサーバー上の構成情報が置かれるいくつかの場所
 LDomの構成情報を照会、編集するコマンド
 ラベルの意味
 LDomの構成情報をサービス・プロセッサ(SP)に保存するコマンド
 LDomの構成情報を保存するコマンド(constraints)
 SP ファームウェア・バージョンの「bootmode」を照会する方法
 システム・ファームウェアのバージョン8.2.xで「config」を照会する方法
 ILOMでbootmodeを構成してもう一つの構成情報を立ち上げる方法
 bootmodeを「factory-default」に設定する方法
 自動回復ポリシーを表示する方法
 自動回復ポリシーを編集する方法
 自動保存情報を見つける方法
 制御(primary) ドメインとSP上でSPの構成のタイムスタンプを確認する方法
 LDom 3.0 (ブートセット)での論理ドメインの構成管理
 ゲストLDomの移行の後、その構成を元のシステムおよびターゲットのシステム上のSPに格納する方法
 「ldm init-system -r -i . 」コマンドに    /var/opt/SUNWldm/ldom-db.xmlを使用すべきではない理由
 ldm(1M) マニュアル・ページ関連の情報
 トラブルシューティング情報:
 factory-default(工場出荷時)の省略時設定(サービス・プロセッサ (SP)上で利用可能な構成)から起動した後にLDom構成をリセットする方法
 サービス・プロセッサ(SP)にある構成情報を失った場合、LDomの構成をリストアする方法
 障害を検知した後やリソースが見つからない場合にドメインを回復させる方法
  参照資料
参照情報

My Oracle Support provides customers with access to over a million knowledge articles and a vibrant support community of peers and Oracle experts.