My Oracle Support Banner

Oracle Big Data Appliance で LDAP 認証を設定したノードのブート/スタートアップ処理時間が非常に長い (Doc ID 1669808.1)

Last updated on NOVEMBER 15, 2019

適用範囲:

Big Data Appliance X3-2 Hardware - バージョン All Versions 以降
Linux x86-64
本文書利用上のご注意

  本文書は英語で提供されている Doc ID 1666562.1 (最終更新日: 2014年8月19日)を翻訳したものです。

  ご利用に際しては、英語の原文を併せてご参照頂くことをお勧めいたします。

現象

Oracle Big Data Appliance (BDA) で LDAP 認証の設定を行ったノードをリブートすると、完了までに約20時間以上かかってしまう。

ブート時の処理のうち、3箇所で長時間に渡って中断されている模様:

Starting mdmonitor
...
Starting system message bus  (このメッセージの後、長時間ハング状態となる模様)
...
After Starting yum-updatesd

/var/log/messages ファイルには、以下のエラーが確認できる:

nss_ldap: failed to bind to LDAP server  ldaps://<servername>/: Can't contact LDAP server

<node name> kernel: RDS: rds_bind() could not find a transport, load rds_tcp or rds_rdma?

 

原因

To view full details, sign in with your My Oracle Support account.

Don't have a My Oracle Support account? Click to get started!


本書の内容
現象
原因
解決策
参照情報

My Oracle Support provides customers with access to over a million knowledge articles and a vibrant support community of peers and Oracle experts.