My Oracle Support Banner

Sun ZFS Storage Appliance: パフォーマンスに関する手がかりと考慮点 (Doc ID 1672145.1)

Last updated on FEBRUARY 07, 2019

適用範囲:

Sun ZFS Storage 7320 - バージョン All Versions 以降
Sun Storage 7410 Unified Storage System - バージョン All Versions 以降
Oracle ZFS Storage ZS3-4 - バージョン All Versions 以降
Oracle ZFS Storage ZS3-2 - バージョン All Versions 以降
Sun ZFS Storage 7420 - バージョン All Versions 以降
7000 Appliance OS (Fishworks)
NAS head revision : [not dependent]
BIOS revision : [not dependent]
ILOM revision : [not dependent]


目的

ZFS Storage Appliance では、数多くのパラメータに依存するためにシステムレベルでの性能の正確な値を出すことはできません。依存するパラメータの一例としては、クライアントからの負荷、利用している機能、メモリ容量、ネットワークインターフェースの種類、ディスクドライブの数[訳注:俗に言う「玉数」]、logizilla や readzilla と呼ばれる SSD の利用の有無、プールのレイアウト( mirror に対する radiz2 )、ファイルシステムに設定された record size、FC/iSCSI LUN の volblocksize などがあります。

本ドキュメントでは、予想される性能の見積もりの基本とお客様環境において設定をする際のベストプラクティスをご紹介いたします。

ご注意: 本文書はパフォーマンスの問題を解決するためには書かれていません。お客様の環境のシステムのパフォーマンスと本文書で説明させて頂いている内容の比較を始めて頂く前に、ZFSSA Performance Troubleshooting resolution path の文書 (参照 1331769.1) をご覧頂き、問題の切り分け、明確化、分類と基本的なシステムの健全性を確認して頂いた上で、必要な情報を集めてください。

 

この情報をさらにオラクルのエキスパートや他のお客様と議論するために、 My Oracle Support Community - Disk Storage ZFS Storage Appliance にてコミュニティの内容をご覧いただき、コミュニティへの参加をお薦めいたします。

対象

本文書は、ガイドラインを提供することを目的としており、お客様の環境での実際の負荷に基づいたベンチマークの代わりとなるものではありません。

詳細

To view full details, sign in with your My Oracle Support account.

Don't have a My Oracle Support account? Click to get started!


本書の内容
目的
対象
詳細
 ディスク性能
 SSD
 
 ネットワーク
 プールレイアウト
 Recordsize/volblocksize
 block alignment
 重複排除 (dedup)
 圧縮
 ORACLEデータベースのシナリオ
参照情報

My Oracle Support provides customers with access to over a million knowledge articles and a vibrant support community of peers and Oracle experts.