My Oracle Support Banner

Oracle Big Data Appliance の "bdadiag snapshot" データから PSU の交換が必要かどうかを確認する方法 (Doc ID 1684144.1)

Last updated on SEPTEMBER 20, 2019

適用範囲:

Big Data Appliance X4-2 Full Rack - バージョン All Versions 以降
Big Data Appliance X3-2 Full Rack - バージョン All Versions 以降
Big Data Appliance X3-2 Hardware - バージョン All Versions 以降
Big Data Appliance X4-2 In-Rack Expansion - バージョン All Versions 以降
Big Data Appliance Hardware - バージョン All Versions 以降
Linux x86-64
本文書利用上のご注意

  本文書は英語で提供されている Doc ID 1610099.1 (最終更新日: 2013年12月26日)を翻訳したものです。

  ご利用に際しては、英語の原文を併せてご参照頂くことをお勧めいたします。

目的

BDA サーバーにおいて、BMC 経由でセンサー・データ・レコード (SDR) を収集する "ipmitool sdr" コマンドを実行した結果、その ILOM データの中にパワー・サプライのセンサーやインジケータに何らかの問題が確認できる場合、詳細情報を収集するために "bdadiag snapshot" を実行します。そして、そのデータを用いてパワー・サプライ・ユニット (PSU) の交換が必要かどうかを判断します。

以下の "ipmitool sdr" の出力結果の例では、パワー・サプライ0 (PS0) のセンサーとインジケーターが障害を検知しています:


このような場合、PSU の交換が必要かどうかを確認するために ILOM snapshot のデータが必要です。そのためには、ipmitool コマンドの出力結果に潜在的な PSU の問題を検知したサーバー上で root ユーザになり、"bdadiag snapshot" を実行します。Oracle Big Data Appliance Diagnostic Information Collection with bdadiag V2.* (Doc ID 1516469.1) も参照ください。

解決策

To view full details, sign in with your My Oracle Support account.

Don't have a My Oracle Support account? Click to get started!


本書の内容
目的
解決策

My Oracle Support provides customers with access to over a million knowledge articles and a vibrant support community of peers and Oracle experts.