My Oracle Support Banner

Infinibandスイッチの交換の準備をする方法 (Doc ID 1684585.1)

Last updated on OCTOBER 18, 2019

適用範囲:

Sun Network QDR InfiniBand Gateway Switch - バージョン All Versions から All Versions [リリース All Releases]
Sun Datacenter InfiniBand Switch 36 - バージョン All Versions から All Versions [リリース All Releases]
この文書の内容はすべてのプラットフォームに適用されます。

目的

1. Infinibandスイッチの交換の準備をします。

2. IBスイッチの交換用パーツを手配する前にオラクル・サポートやオンサイト・チームに必要な情報を収集します。

 

対象

- 顧客の管理者に共有され、使用される必要があるため、このドキュメントの提供先はEXTERNAL(外部公開)になっており、パートナー、フィールド・エンジニア、およびオラクル・サポートによっても参照されます。

- オラクル・サポートがIBスイッチの交換必要性を確認したら(交換が顧客側の管理者によって実施されるのか、パートナーによるのか、それともオラクル・フィールド・エンジニアによるのか)、顧客側の管理者はMOS SRノートを更新して、このドキュメントにあるすべての事前確認の作業が完了したことを確認する必要があります。これはオラクルが交換用のパーツを手配する前に、要求されたチェックリストをMOS内のSRにコピー・ペーストすることによって行います。

- 交換前にその確認作業を実施しない場合の危険性を顧客が理解したことを明確な表現で提示しない限り、オラクル・サポートはそれらの確認作業が実施されるまで手配を先に進めません。

詳細

To view full details, sign in with your My Oracle Support account.

Don't have a My Oracle Support account? Click to get started!


本書の内容
目的
対象
詳細
 1. パーツやオンサイトの手配の前に行う必要がある調査
  1.1.後でブートすることに対して許容力があるかIB Fabricを調べてください(関連するナレッジ・ドキュメントを参照してください)。
  1.2  バックアップの構成の調査や更新をします。
  1.3 スイッチのファームウェアのバージョンを調べます。
  1.4 ポート623上でファイアウォールのルールの回避策があるか調べます。
 2. チェックリストのテンプレート(IBスイッチを交換するための準備)に回答してください。
 3. 交換前の確認事項の報告書を、停止期間の種類を含めてオラクル・サポートに対して提供します。
 4. 手配の前の最後の準備(本番環境のIB Fabric内のIBスイッチの交換)を行います。
  4.1. Exalogicにおいて、Exalogicの制御からそのアセットを削除します。
  4.2.  交換するスイッチ上でSMを無効にします。
  4.3. その場合、稼動しているASRやブロックの警告があるか調べます。
  4.4.MOSを更新して手順4の作業を完了します。
 5. パーツやオンサイトの手配のためにオラクル・サポートに連絡します。
 6. スイッチを交換してその後の作業を実施します。
参照情報

My Oracle Support provides customers with access to over a million knowledge articles and a vibrant support community of peers and Oracle experts.