My Oracle Support Banner

Oracle Solaris Operating SystemネットワークのIPMPの問題における自動診断の要件と期待事項 (Doc ID 1902557.1)

Last updated on AUGUST 01, 2016

適用範囲:

Solaris Operating System - バージョン 10 3/05 以降
Trusted Solaris Operating System - バージョン 8 4/01 以降
OpenSolaris Operating System - バージョン 2009.06 以降
この文書の内容はすべてのプラットフォームに適用されます。

目的

このドキュメントは、Solaris Operating SystemネットワークIPMPの問題における自動診断のサービス・リクエストの作成方法について説明しています。いくつかの簡単な質問に答えて、必要なデータをMy Oracle Supportを使用してアップロードすると、サービス・リクエストの作成後、自動診断によって回答およびデータがただちに処理されます。  この方法を使用することによって「従来の」サービス・リクエストの作成法よりも解決までの時間を短縮することになるでしょう。

自動診断はスクリプト群と特定のデータを解析する際に使用される解析ルールを参照します。SRを発行する際に、要求通りのデータをアップロードするか、エラー・メッセージを提供することによって、対応を促進させます(以下の「データの要件」を参照してください)。要求通りのデータは、問題を自動的に診断させるために必要なすべての情報を自動化システムに提供します。  正しくないデータ、たとえば .txt ファイルや .jpg ファイル、画面のスナップショットは、いくらかの情報を提供しますが自動診断では使用することができません。自動化プロセスは要求通りのデータが提供されるとすぐに起動します。

 

注意: 自動診断は「重要度1」の問題には適用されません。「重要度1」の問題の場合、そのSRは手動での作業を行うためにすぐに技術サポート・エンジニアに転送されます。

解決策

To view full details, sign in with your My Oracle Support account.

Don't have a My Oracle Support account? Click to get started!


本書の内容
目的
解決策
 SRの発行
 必要なデータ
 このプロセスを活用したときの想定される結果
参照情報

My Oracle Support provides customers with access to over a million knowledge articles and a vibrant support community of peers and Oracle experts.