My Oracle Support Banner

SPARC Enterprise M3000/M4000/M5000/M8000/M9000 (OPL) サーバー上でSTB7.3以降のドメインExplorerを実行してXSCFスナップショットを取得する方法 (Doc ID 1981285.1)

Last updated on SEPTEMBER 04, 2019

適用範囲:

Sun SPARC Enterprise M9000-64 Server - バージョン All Versions 以降
Sun SPARC Enterprise M5000 Server - バージョン All Versions 以降
Sun SPARC Enterprise M8000 Server - バージョン All Versions 以降
Sun SPARC Enterprise M3000 Server - バージョン All Versions 以降
Sun SPARC Enterprise M9000-32 Server - バージョン All Versions 以降
All Platforms

目的

このドキュメントはドメインExplorerを実行することによってXSCFのsnapshotを取得する方法を説明しています。Explorerモジュールのxscfextendedは完全に書き直され、Services Tool Bundle (STB) 7.3から提供され始めました。STB 7.2 以前において、XSCFから、またはドメインとXSCFから手動もしくは自動での診断用の情報の採取方法が存在し、「 Gathering diagnostic data for SPARC Enterprise M3000/M4000/M5000/M8000/M9000 (OPL) Servers (Doc ID 1499270.1)」に記載があります。収集したデータをオラクル社へアップロードする方法は「 How to Upload Files to Oracle Support (Doc ID 1592070.2)」に記載されています。

このドキュメントはすべてのMx000サーバーに適用され、またSolaris10およびSolaris11におけるExplorer 7.3 (STB7.3の一部)以降のxscfextendedの使用法について記載してい ます。更新されたモジュールを使うためのExplorerの概要を理解するために、必要に応じていくつかのExplorerの基本情報も記載しています。参考のために、手動によるXSCF snapshotの取得方法も記載しています。

ここの情報についてさらにオラクルの専門家や同業者と議論するためには、 My Oracle Support Community - M Series Serversでの議論の参照、参加、または開始をお薦めします。

解決策

To view full details, sign in with your My Oracle Support account.

Don't have a My Oracle Support account? Click to get started!


My Oracle Support provides customers with access to over a million knowledge articles and a vibrant support community of peers and Oracle experts.