My Oracle Support Banner

Oracle ZFS Storage Appliance: レプリケーションのベスト・プラクティス (Doc ID 2100909.1)

Last updated on APRIL 07, 2019

適用範囲:

Oracle ZFS Storage ZS3-BA - バージョン All Versions から All Versions [リリース All Releases]
Oracle ZFS Storage ZS4-4 - バージョン All Versions から All Versions [リリース All Releases]
Sun ZFS Storage 7120 - バージョン All Versions から All Versions [リリース All Releases]
Sun Storage 7410 Unified Storage System - バージョン All Versions から All Versions [リリース All Releases]
Sun Storage 7310 Unified Storage System - バージョン All Versions から All Versions [リリース All Releases]
7000 Appliance OS (Fishworks)

目的

レプリケーションにより、ZFS アプライアンスがアプライアンス間でデータを移動し、送信元のアプライアンスと送信先のアプライアンスとの間での増分データを無制限に更新することを可能にします。

レプリケーションのレイアウトを設計する際には考慮しなければならない点が数多くあります。

このドキュメントはレプリケーションをレイアウトする際に考慮しなければならない鍵となる点について説明しています。

 

対象

 このドキュメントでは、ZFS Storage 上にレプリケーションを設定するストレージ管理者が考慮すべき項目のチェックリストを提供するということを目的にしています。

 

詳細

To view full details, sign in with your My Oracle Support account.

Don't have a My Oracle Support account? Click to get started!


本書の内容
目的
対象
詳細
参照情報

My Oracle Support provides customers with access to over a million knowledge articles and a vibrant support community of peers and Oracle experts.