My Oracle Support Banner

Oracle ZFS Storage Appliance: システムハング(BUIやCLIの応答がない)場合の、NMIを使用したシステム・コア・ダンプを生成する方法(オラクルサポート・エンジニアによって指示された場合) (Doc ID 2108974.1)

Last updated on MARCH 12, 2021

適用範囲:

Sun Storage 7410 Unified Storage System - バージョン All Versions 以降
Sun Storage 7110 Unified Storage System - バージョン All Versions 以降
Sun ZFS Storage 7120 - バージョン All Versions 以降
Sun Storage 7310 Unified Storage System - バージョン All Versions 以降
Sun Storage 7210 Unified Storage System - バージョン All Versions 以降
7000 Appliance OS (Fishworks)

目的

システムハング(BUI や CLI の応答がない)場合の、NMI を使用したシステム・コア・ダンプを生成する方法

NMI を実行する前に、コア・ダンプの解析に必要となる、システムの状態確認や任意の追加情報を収集することができる
オラクルサポートエンジニアに、サービスリクエストを起票すべきです。
(NMI を実行すると NMI の実行前の状況は失われます)

NMI が必要であり、それ以上のデータ収集が必要でなく、NMI を実行することが可能であることをオラクルのエンジニアが確認します。

この情報をさらにオラクルのエキスパートや他のお客様と議論するために、「My Oracle Support Community - Disk Storage ZFS Storage Appliance Community 」にて、コミュニティの内容をご覧頂き、コミュニティへの参加をお薦め致します

解決策

To view full details, sign in with your My Oracle Support account.

Don't have a My Oracle Support account? Click to get started!


本書の内容
目的
解決策
参照情報

My Oracle Support provides customers with access to over a million knowledge articles and a vibrant support community of peers and Oracle experts.