My Oracle Support Banner

ZFSSA ストレージ拡張時の動作について (Doc ID 2224707.1)

Last updated on SEPTEMBER 13, 2019

適用範囲:

Sun ZFS Storage 7120 - バージョン All Versions 以降
Oracle ZFS Storage Appliance Racked System ZS4-4 - バージョン All Versions 以降
Oracle ZFS Storage ZS5-2 - バージョン All Versions 以降
Oracle ZFS Storage ZS3-BA - バージョン All Versions 以降
Oracle ZFS Storage ZS4-4 - バージョン All Versions 以降
7000 Appliance OS (Fishworks)

目的

 このドキュメントの目的は、(以下を)よく理解することです:

 

専門用語:

      N  = ディスクの数
      BD  = ベースディスク (言い換えると, 初期プール構成時のディスク数)
      AD  = 追加ディスク (言い換えると, ストレージ拡張の際に追加されたディスクの数)   
      TB  = テラバイト(物理容量) (1000の4乗 = 1,000,000,000,000 バイト)
      TiB     = テラバイト(使用可能容量) (1024の4乗 = 1,099,511,627,776 バイト)

 

 

 

 

 

 

前提:

このドキュメントがディスクについて言及する場合、それはデータディスクを意味し、ログ、キャッシュ、またはスペアデバイスのことではありません。

この情報は任意のサイズのデータディスクに適用できますが、データディスクは 2TBと仮定しています。

 

解決策

To view full details, sign in with your My Oracle Support account.

Don't have a My Oracle Support account? Click to get started!


本書の内容
目的
解決策
参照情報

My Oracle Support provides customers with access to over a million knowledge articles and a vibrant support community of peers and Oracle experts.