My Oracle Support Banner

ODA (Oracle Database Appliance): purgeODALogツールを使用したトレースおよびログファイルのクリーンアップ (Doc ID 2352233.1)

Last updated on SEPTEMBER 11, 2019

適用範囲:

Oracle Database Appliance - バージョン All Versions 以降
Oracle Database Appliance Software
Oracle Database Exadata Cloud Machine
Exadata Database Machine V2
Exadata Cloud at Customer X6-2 Hardware
この文書の内容はすべてのプラットフォームに適用されます。
本文書利用上のご注意
  本文書は英語の文書 <Document 2081655.1> (最終メジャー更新日: 2017年12月11日) の日本語翻訳版です。
  英語の文書の最終メジャー更新日が新しい場合は本文書に適宜反映いたします。

目的

このドキュメントでは、"purgeODALog"の使い方について説明します。"purgeODALog" は、Grid Infrastructure、RDBMS、TFA(Trace File Analyzer Collector)、OSWatcher、OAK(Oracle Appliance Kit)またはDCSの様々なODA(Oracle Database Appliance)コンポーネントによって作成されたトレースおよびログをクリーンアップするために使用されるツールです。

対象

基本的なExadata/ODA(Oracle Database Appliance)の知識が必要です。

詳細

To view full details, sign in with your My Oracle Support account.

Don't have a My Oracle Support account? Click to get started!


本書の内容
目的
対象
詳細
 手動クリーンアップ、何が必要ですか?
 purgeODALog - ワンボタン自動化スクリプト
 purgeODALog - 使用方法
 purgeODALog - GI/RDBMSのクリーンアップ
 purgeODALog - OSWatcherとOAKのクリーンアップ
 purgeODALog - "extra" フォルダのクリーンアップ
 purgeODALog - GI/RDBMS、TFA、OSWatcher&OAKのクリーンアップ
 purgeODALog - リスナー・ログのクリーンアップ
 crontabジョブとしてpurgeODALogを設定する
 TFA内のpurgeLogs
参照情報

My Oracle Support provides customers with access to over a million knowledge articles and a vibrant support community of peers and Oracle experts.